1. トップページ
  2. 活動報告
  3. 地域日本語教育推進事業(県委託事業)「やさしい日本語セミナー(光市)」を開催しました!

活動報告

地域日本語教育推進事業(県委託事業)「やさしい日本語セミナー(光市)」を開催しました!

  • 公開日:2020年10月23日

(公財)ひろしま国際センター 日本語常勤講師 犬飼 康弘 氏を講師としてお迎えし、10月3日(土)に光市と共催で「やさしい日本語セミナー」を開催しました。当日は光市・下松市・周南市・柳井市・田布施町から25名の方にご参加いただきました。

日本語講師としての豊富なご経験から、外国人住民に伝わりやすい情報の伝え方のポイントをお話いただきました。言葉をやさしく言い換える、重要な言葉は残す、例を挙げる、一文の情報を少なくする、不要な部分は省いて必要な情報は補う、情報の整理・提示の方法に気を付ける、何が伝われば良いかを考える等、具体例を交えながら丁寧にご指導いただきました。

講座の中では、防災メールや新型コロナウイルス感染症に係る給付金のお知らせなどの実際の文章を「やさしい日本語」に書き換える作業も行いました。

参加者の皆さまからは、「具体例を挙げて説明するということが参考になった」「言葉の言い換えによって理解度が上がる」「やさしい日本語は外国の方だけではなく、私たちのためにもなるということが特に印象に残った」「このまちに住んで良かったと思ってもらえるようなコミュニケーションをしていくことが大切だと思った」等のご感想をいただきました。

講師の方が、共に生きるまちづくりのために、外国人住民が直面しやすい「制度の壁」「ことばの壁」「こころの壁」の3つの壁を取り除く方法として、「やさしい日本語」は大切だとお話されていたことが印象的でした。

今後も当協会では「やさしい日本語」の普及・啓発に努めてまいります。

10月29日(木)「やさしい日本語講座(山口市)」、12月8日(火)・12月19日(土)「やさしい日本語講座(オンライン)」は現在参加者を募集中です。講座の詳細は当協会のホームページをご覧ください。


一覧に戻る