• YIEAのご紹介
  • (公財)山口県国際交流協会からのお知らせ

(公財)山口県国際交流協会からのお知らせ

インターンシップ2017 in YIEA (Bグループ: 9/7~9/9)

2017年10月11日

今年の山口県国際交流協会でのインターンシップは2グループ5人がチャレンジしてくれました。

前半のAグループについてはこちらでレポートしていますが、後半のBグループは、9月7日~9日に、日本語ボランティア講座のお手伝いや、「訪日外国人に絶対紹介したい山口県の魅力」」「国際交流員と一緒に考える多文化共生における課題」というテーマの課題研究では一生懸命考えたアイディアを発表してくれました。

今回は、外国人の立場になって考えて初めて見えてきたことなど、発見も多かったようです。

 

そんなインターンシップ実習生の方々の感想を紹介します。(抜粋・要約)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

3日間のインターンシップを体験したことはとても貴重な経験となりました。

JICAという組織では、多くの日本人が世界中で活動していることを知りました。また、ホームビジット交流という事業では、家庭ごとの様々な形で国際交流ができることが分かりました。ワークショップでは、外国人の視点で、山口の良い点、改善点などを考えることは難しくも新鮮でした。実際にアメリカ合衆国とスペインの国際交流員とディスカッションすることができたことは、はじめて直接外国の方と意見交換ができた貴重な機会となりました。私はこれまで外国の方の視点で物事を考えたことがありませんでした。特に、外国人には病院と学校の建物の判別が難しいというお話は大変印象に残りました。日本人では普段気がつかないことを知ることができ、物事を注意深く様々な立場で考えることの大切さを教わりました。日本語ボランティア講座では、実際に日本語を教えることの難しさや、日本人でありながら日本語をよく知らないという現状に驚きました。

今回のインターンシップを経験して、ただ思い、考えるだけではなく、実際に行動に移したいと思うようになりました。

(山口芸術短期大学1年 坂野綾音)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

今回のインターンシップでは、山口県国際交流協会の業務の紹介、日本語ボランティア講座の運営、テーマを定めてのディスカッションなど、様々な種類の、また参加型のプログラムが多く盛り込まれた、私にとって実りの多い研修となりました。山口県でも増え続けている外国人住民への理解や、行政・県民との繋がりが求められている中、「多文化共生」という言葉がとても印象に残りました。国籍や民族などが異なる人々が、文化的な違いを認め合い、良好な関係を築いていき共に生きていくということは、非常に大切なことであり、今後、外国人や海外との繋がりのある仕事に就きたいと考えている私にとって、1つの大きなテーマとなっていくと思います。

(山口大学3年 中富祐貴)

 

 

多国籍料理講座 受講者募集!(平成29年度外国文化講座)

2017年10月10日

外国の家庭料理と食文化を学んでみませんか?

1  講座概要

日程

時間

メニュー

①11月11日(土)

9:00~12:00

◆ペルー料理

アロス・コン・レチェ(お米のミルクデザート)

カウサ・レジェーナ(ペルー風ポテトサラダ)

ロモサルタード(牛肉と野菜の炒め料理)

②11月25日(土)

◆中国料理

麻婆豆腐

西紅柿炒鶏蛋(しいほんしいちやおしいたん)(トマトと卵炒め)

③12月2日(土)

◆ブラジル料理

パステル(ブラジル風揚げ餃子)

ブリガデイロ(ブラジル風ショコラ菓子)

 

講  師

エレラ パレーデス ディアナ カテリン 氏(ペルー)

カストロ スガハラ ロドリゴ ヒサシ 氏(日系ペルー)

劉清(りゅうちん) 氏(中国)

グスターボ セトウエ 氏(日系ブラジル)

場  所

山口県総合保健会館 2階栄養指導室(山口市吉敷下東3丁目1-1)

4 参加対象

県内に在住または通勤・通学する中学生以上の方

定  員

35名  ※先着順

6 受講料  

一般:5,000円/賛助会員及び高校生以下:2,000円 (3回分)  

※講座初日に賛助会員に入会できます。(年会費2,000円)

※受講料は初回の講座の際にお支払い下さい。3回分合計の受講料となります。

※一旦納めていただいた受講料の返金はできませんので、ご了承下さい。

7 申込方法

①講座名(多国籍料理講座)、②氏名(ふりがな)、③年齢、④郵便番号、⑤住所、

⑥電話番号、⑦メールアドレスを明記し、FAX・Eメール・郵送・来所のいずれか

でお申込みください。

◆多国籍料理講座チラシダウンロード

◆多国籍料理講座申込書ダウンロード

★エプロン・三角巾をご持参ください。

★当日駐車場が混み合うことが予想されます。臨時駐車場もご利用いただけます。

8 申込締切

平成29年11月4日(土)

※締め切り前でも、定員(35名)になり次第締め切ります。

9 主催・申込先

公益財団法人山口県国際交流協会

〒753-0082 山口市水の上町1番7号 水の上庁舎3階

TEL:(083)925-7353 / FAX:(083)920-4144  / Email: yiea.info@yiea.or.jp

☆山口県国際交流員の楽しいCIRレポートが更新されました(9月号)

2017年10月6日

山口県国際交流協会主催の「外国文化講座」の講師を務めてくださっている県国際交流員(CIR)の出身国の文化等について紹介するレポートです。ぜひご一読ください!

CIRレポート9月号☆
国際交流員が出身国の様々なことについて紹介するCIRレポート

◆裵允珠(ぺ・ユンジュ)交流員(韓国)
「ユンジュのオススメ慶尚南道観光スポット」

◆ローラ交流員(アメリカ)
NYファッションウィーク」

↓↓↓こちらをクリックしてご覧ください。↓↓↓
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp//a12900/CIR_Report/top.html

(写真は、裵允珠(ぺ・ユンジュ)交流員のレポートから)

日本語ボランティア講座第2回目を開催しました!

2017年10月4日

9月30日(土)岩国市中央公民館で「日本語ボランティア講座」の第2回目を岩国市都市交流室と共催で開催しました。35名の方にご参加いただきました。

前回に引き続き、日本語クラブ山口代表の吹屋葉子さんを講師にお迎えし、《実践編》として「初級日本語の教え方~音声・文字・文法・日本事情」をテーマに学びました。

テーマに沿って外国人に日本語を教える際につまずきやすい点、留意すること、工夫できること、コツ、また効果的な練習方法などを実際に教える側、学習者側の立場に立って体験しました。実際に教材を使いながら実感を伴って理解を深める時間となりました。参加者からは「具体的な教授法を聞けてよかった」「学習者に合わせて工夫が必要だと思った」「日本語が上手になりたい外国の方にとって日本語教室が大切な役割だということを改めて感じた」などの感想をいただきました。

県下7ヶ所で行っている『外国人のための日本語講座』やその他の日本語教室でも見学が可能です。

少しでもご興味のある方は、各教室代表または当協会までお気軽にお問い合わせ下さい。

◆外国人のための日本語講座(岩国・周南・防府・山口・宇部・萩・下関)

http://www.yiea.or.jp/foreigners/nihongo_kouza.html(外国人のための日本語講座」日程)

◆その他の日本語教室

http://www.yiea.or.jp/foreigners/nihongo_kouza.html(そのほかの日本語教室)

 

第1回目の様子はこちら↓↓

日本語ボランティア講座第1回目を開催しました!

「外国人(がいこくじん)住民(じゅうみん)のための防災(ぼうさい)教室(きょうしつ)」に参加(さんか)しませんか? 2017.10.8 周南市(しゅうなんし)

2017年9月28日

「外国人(がいこくじん)住民(じゅうみん)のための防災(ぼうさい)教室(きょうしつ)」に参加(さんか)しませんか?

 

【日時(にちじ)】
2017年(ねん) 10月(がつ) 8日(にち)  日曜日 (にちようび) 13:00~16:30

 

【参加費(さんかひ)】
無料(むりょう)(お金(かね)はいりません)
気軽(きがる)に参加(さんか)してください。

 

【場所(ばしょ)】
周南市(しゅうなんし)徳山(とくやま)保健(ほけん)センター(せんたー)1階(かい) 健診(けんしん)ホール(ほーる)

周南市(しゅうなんし)児玉町(こだまちょう)1丁目(ちょうめ)1

 

【内容(ないよう)】

◆災害(さいがい)についてのお話(はなし)

身近(みぢか)な災害(さいがい)について勉強(べんきょう)します。

◆火災(かさい)(煙(けむり))体験(たいけん)

◆消火(しょうか)体験(たいけん)(火(ひ)を消(け)す体験(たいけん)をます)

※参加(さんか)した人(ひと)には防災(ぼうさい)グッズ(ぐっず)をプレゼント(ぷれぜんと)します。

 

【対象(たいしょう)】
山口県(やまぐちけん)に住(す)む外国人(がいこくじん)はだれでも参加(さんか)できます。

 

【通訳(つうやく)】
英語(えいご)・中国語(ちゅうごくご)・ベトナム語(ご)・韓国語(かんこくご)の通訳(つうやく)がいます。

 

【申込み(もうしこみ)】
①名前(なまえ)(フリガナ) ②住所(じゅうしょ) ③電話番号(でんわばんごう) ④国籍(こくせき) ⑤Email ⑥通訳(つうやく)して欲(ほ)しい言語(げんご)

※ ①~⑥を電話(でんわ)・メール・FAXで連絡(れんらく)してください。

 

【締め切り(しめきり)】
2017年(ねん)9月(がつ)30日(にち)土曜日(どようび)までに連絡(れんらく)してください。

 

<お問(と)い合(あ)わせ・お申込(もうしこみ)先(さき)>

山口県(やまぐちけん)国際(こくさい)交流(こうりゅう)協会(きょうかい) Yamaguchi International Exchange Association

〒753-0082 山口市(やまぐちし)水(みず)の上町(うえちょう)1-7
1-7 Mizunoue-cho, Yamaguchi-shi, 753-0082

TEL:083-925-7353  FAX:083-920-4144 Email:yiea.info@yiea.or.jp

 

■チラシ 2017.10.8 周南市(しゅうなんし)

日本語ボランティアスキルアップ研修会を開催しました!

2017年9月19日

9月12日(火)に日本語ボランティアとして活動をしている方を対象にした「日本語ボランティアスキルアップ研修会」を開催し、25名の方にご参加いただきました。講師は(公財)東広島市教育文化振興事業団で多文化共生コーディネーターとしてご活躍されている間瀬尹久さんです。

 

はじめに、「地域の日本語教育をどう組み立てるか」と題し、ご講演をいただきました。近年の外国人の動向や、多文化共生の視点から見る地域の日本語教室についても触れながら、東広島市で実施されている子ども向けの日本語教室や交流型の日本語教室など、東広島市の日本語教育の様子も教えていただきました。

 

後半はワークショップで、「私たちの教室はここがいい!」「どうしたらもっと良くなる?」「今すぐできること」という3つのテーマについて、グループに分かれて話し合いました。「私たちの教室はここがいい!」では、教室の参加者や講師の雰囲気の良さ、工夫されたテキスト、スタッフの良さ、授業以外の楽しい活動があることなどがあげられました。「どうしたらもっと良くなる?」というテーマでは、日本語教室の人手不足を解消する、学習者のニーズを知る、日本語教室の認知度を上げる、関係団体との連携といった意見が出ました。「今すぐできること」では、日本語教室をPRするためのSNSの活用、スタッフのスキルアップの研修会を開く、学習者のメンタルケアなどが挙げられました。

 

参加者の方からは、「他の教室の人と交流ができてよかった」「講師の方の言葉が印象的だった」「自分たちの活動を振り返る機会になった」と好評でした。参加者の皆さんの地域の日本語教育に対する情熱が伝わってきて、あっという間の3時間の講座でした。

 

山口県では現在、8市・10団体の日本語教室があります(下関・宇部・山口・萩・防府・岩国・周南・山陽小野田)。地域に住む外国人にとって、基礎的な日本語を学ぶことができる日本語教室は無くてはならないものですが、スタッフの人手不足に悩んでいる教室も多くあります。基本的に日本語で日本語を教えますので、外国語の能力や特別な資格は必要ありません。外国人住民に日本語を教える日本語ボランティアの活動に関心のある方は、一度日本語教室を見学してみませんか。当協会またはお近くの日本語教室にお気軽にお問い合せください。

 

*外国人のための日本語講座

http://www.yiea.or.jp/foreigners/nihongo_kouza.html

 

 

台風(たいふう)に 注意(ちゅうい)!/ Typhoon Warning! / 小心台风! / 태풍에 주의하십시오! (2017.9.16)

2017年9月16日

【注意(ちゅうい)】
台風(たいふう)が 近(ちか)づいています。
天気(てんき)予報(よほう)は 「山口県(やまぐちけん)に 台風(たいふう)が 一番(いちばん) 近(ちか)づくのは、9月(がつ)17日(にち)(日曜日(にちようび))です」と言()っています。
防災(ぼうさい)ハンドブックを 見(み)て、台風(たいふう)が 来(く)る前(まえ)の 準備(じゅんび)を しましょう。
台風(たいふう)が 近(ちか)づいたときは、できるだけ 外(そと)に 出(で)ないように しましょう。  

◆山口県(やまぐちけん)の 防災(ぼうさい)ハンドブック 

http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a12900/bosai-handbook/bosai-handbook.html

Attention
A typhoon is approaching.
According to the weather forecast,
the typhoon (tropical cyclone) will hit Yamaguchi Prefecture on September 17th (Sunday).
Please refer to your Emergency Handbook to prepare for when a typhoon comes. When a typhoon approaches, please stay inside as much as possible.

Yamaguchi Prefectures Emergency Handbook

http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a12900/bosai-handbook/bosai-handbook.html

【注意】
正在靠近。
据天气预报预告,台将于9月17日(星期日)距离山口最近。
参考一下防灾手册,在台到来,看看需要做些什么准
靠近尽量不要外出。

◆防灾手册(体中文)

http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a12900/bosai-handbook/bosai-handbook.html

주의
태풍이 접근하고 있습니다.
일기예보에 의하면태풍이 야마구치현에 가장 가깝게 접근하는 날은 917(일요일) 입니다.
방재 핸드 북을 보고 태풍이 오기 전에 준비를 합시다.
태풍이 다가올 때는 가급적 밖에 나가지 않도록 합시다.

야마구치 방재 핸드북

http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a12900/bosai-handbook/bosai-handbook.html

<気象庁(きしょうちょう)> 台風(たいふう)情報(じょうほう)

http://www.jma.go.jp/jp/typh/

Japan Meteorological Agency Tropical Cyclone Information

http://www.jma.go.jp/en/typh/

日本語ボランティア講座第1回目を開催しました!

2017年9月15日

9月9日(土)岩国市中央公民館で「日本語ボランティア講座」の第1回目を岩国市都市交流室と共催で開催しました。岩国市での開催は2回目ですが、33名と3名のインターンシップの多くの方にご参加いただきました。

 

昨年に引き続き、日本語クラブ山口代表の吹屋葉子さんを講師にお迎えし、《入門編》として「日本語ってどんな言葉?」「外国人に日本語を教えるということ」をテーマに学びました。

はじめに、山口市で開催している「外国人のための日本語講座」の活動や様子が紹介されました。

続いて、開催地である岩国日本語教室について、ボランティア不足でありながらも、多くの学習希望者と共に前向きに日本語学習をしている様子が紹介されました。岩国米軍基地関係の方々、急増している技能実習生、外国にルーツを持つお子さん、日本人の配偶者の方など、異なる背景をお持ちの学習者の居場所となっている教室だからこそやりがいを持って活動できているとお話をされていました。

同時に、是非一緒にその活動に加わってくださるボランティアの方を募集しています!と呼びかけられました。

わかりやすい実例を交えながら外国人に日本語を教えることの基礎を学んだ参加者からは、学習者のニーズに合わせて「正しい日本語」と「ふさわしい日本語」の使い分けが大事だと感じた、などの感想をいただきました。

 

次回の第2回目《実践編》は、9月30日(土)に同じく岩国市中央公民館で行います。ご興味のある方は、まだご参加可能です。

県下7ヶ所で行っている『外国人のための日本語講座』やその他の日本語教室でも見学が可能です。

少しでもご興味のある方は、各教室代表または当協会までお気軽にお問い合わせ下さい。

◆外国人のための日本語講座(岩国・周南・防府・山口・宇部・萩・下関)

http://www.yiea.or.jp/foreigners/nihongo_kouza.html(外国人のための日本語講座」日程)

◆その他の日本語教室

http://www.yiea.or.jp/foreigners/nihongo_kouza.html(そのほかの日本語教室)

 

「山東省青少年代表団」が来県しました!(8/25~8/28)

2017年9月14日

8月25~28日に、山口県と友好交流協定を結ぶ山東省から、小学生〜高校生までの児童・生徒13名、引率者3名、計16名の「山東省青少年代表団」が山口県を訪れました。代表団の児童・生徒は山東省済南市にある艾克瑞特培訓学校でロボットについて学んでいます。今年は、山口県と山東省が友好交流協定を結んで35周年となります。

 

【8月25日】東京から山口県に到着しました。自然豊かな山口の風景を楽しんでいました。

【8月26日】広島県での原爆ドーム・広島平和記念資料館の観覧を経て山口県へ訪れ、瑠璃光寺五重塔を見学して歴史を学びました。

その後、やまぐちロボサポートセンターへ訪問し、社会福祉の分野で活躍している先進的なロボットの見学や体験を通して、社会貢献をする日本のロボット技術について理解を深める素晴らしい時間となりました。普段ロボットについて学ぶ子ども達は、スタッフの方々のお話に興味津々に耳を傾けていました。

【8月27日】徳山工業高等専門学校を訪問し、周南ロボコン2017に向けたロボット製作教室に参加しました。周南地区日本中国友好協会の皆さんもサポートに駆けつけて下さいました。

徳山高専の学生スタッフの方々が作成したマニュアルとキットを元に、2種類のロボットから一つ選んで、丸一日かけてロボットを完成させることができました。日本人児童と同じ空間で作業し、交流を深めることができました。先生や学生スタッフの熱心なご指導のもと、普段なかなか体験できない糸鋸やはんだごて等を使ったもの作りを体験することができ、最後にロボットを完成させた時は一同大興奮でした。

【8月28日】福岡空港から帰国しました。作成したロボットを大切そうに持って帰る姿が見受けられました。

 

山東省青少年代表団の受入にあたり、温かい歓迎とご協力いただいた関係各位に深く感謝申し上げます。

☆山口県国際交流員の楽しいCIRレポートが更新されました(8月号)

2017年9月14日

山口県国際交流協会主催の「外国文化講座」の講師を務めてくださっている県国際交流員(CIR)の出身国の文化等について紹介するレポートです。ぜひご一読ください!

CIRレポート8月号☆
国際交流員が出身国の様々なことについて紹介するCIRレポート

◆ヘマ交流員(スペイン)
「スペイン・カナリア諸島」

◆房交流員(中国)
「中国の七夕節」

↓↓↓こちらをクリックしてご覧ください。↓↓↓
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp//a12900/CIR_Report/top.html