• YIEAのご紹介
  • (公財)山口県国際交流協会からのお知らせ

(公財)山口県国際交流協会からのお知らせ

多文化共生国際カフェ(タブカフェ)ガーナ「チョコだけじゃない!ガーナの魅力アレコレ」を実施しました!

2017年12月1日

11月25日(土)に山口県国際交流協会でタブカフェ(ガーナ)「チョコだけじゃない!ガーナの魅力アレコレ」を開催し、16名の方にご参加いただきました。講師は防府市役所の職員で、青年海外協力隊(職種:行政サービス)として、平成27年7月から1年9か月間ガーナに派遣されていた大庭健太郎さんです。

 

当日は参加者の皆さんにガーナ産カカオ100パーセントのココアを召し上がっていただきながら、大庭さんにガーナの風景、食、文化、音楽、社会、ガーナの人々、観光地、協力隊の活動をテーマに幅広くご講演いただきました。ヤギやロバなどを道路で当たり前に見かけることや、水道水が飲めないので水を買ってきて運ぶのが大変だということ、電力の供給が追い付かず、計画停電も普通にあるというお話、また、ガーナで最近流行している歌手などもご紹介いただきました。また、選挙では日本のように投票用紙に候補者や政党の名前を書くのではなく候補者の写真と政党のシンボルのイラストが書かれている欄の横に拇印を押すことや、三輪のバイクを改造した救急車が一般的ということなど、日本と異なる点についても教えていただきました。

 

ガーナの人は、何かあると「スモール スモール(small small)」と、ぼちぼちやっていきましょう、ちょっとずつでいいよというニュアンスの言葉を使うそうです。ガーナ人のゆるやかさを象徴したような言葉だと大庭さんがご紹介してくださいました。

 

大庭さんはガーナで山のように積みあがっていた紙の書類をすべてデータ化して検索できるようになった際に青年海外協力隊としてのやりがいを感じたそうです。

 

最後にガーナと日本との関わりとして、黄熱病を患ってガーナで亡くなった野口英世の記念庭園があることなどについてもお話いただきました。

 

講演では大庭さんがガーナの人々の生活をよく観察して、現地の人々ととても温かく交流されていた様子がとても印象的でした。素敵なお話をありがとうございました。青年海外協力隊やシニア海外ボランティアの活動のある方は、山口県JICAデスクまでお気軽にご相談ください(山口県国際交流協会内にデスクがあります)。

 

タブカフェは年に数回県内各地で開催していますが、今年度最後のタブカフェとして12月16日(土

)に山口県国際交流協会でタブカフェ(イタリア)を開催します。まだ定員まで少しだけ空きがございますので、ぜひお早めにお申込みください。当日はイタリアのクリスマスのお菓子を用意してお待ちしています!

「留学生と通訳ボランティアとの観光交流モニターツアー」に参加する通訳ボランティア募集(英語・中国語・台湾語・韓国語)

2017年11月21日

外国人観光客受入環境整備の一環として、留学生等に県内の観光地を実際に視察してもらい、今後の受入環境充実の一助とするとともに、併せて、通訳ボランティアの資質向上や通訳機会の拡大に向けたモニターツアーを実施します。

 

1.開催日

平成29年(2017年)12月2日(土曜日)、3日(日曜日) 

通訳ボランティアは2日間とも山口県国際交流協会で集合・解散の日帰り。)

 

2.場 所

周南市:漢陽寺(座禅体験)、徳山動物園(小動物ふれあい体験)

柳井市:柳井白壁(金魚ちょうちん製作体験、甘露醤油資料記念館見学等)

柳井クルーズホテル

 

3.主 催

一般社団法人 山口県観光連盟

公益財団法人 山口県国際交流協会

 

4.行程概要

(1日目)12月2日土曜日

時刻 場所 内容
9:00 山口大学(吉田) 山大留学生集合
9:20 山口県国際交流協会 通訳ボランティア集合
9:30 山口県立大学 県大留学生集合
10:30~16:10 漢陽寺、柳井市観光地視察(昼食含む) 座禅体験、金魚ちょうちん製作体験、甘露醤油資料館見学
16:20 柳井クルーズホテル 留学生・観光連盟随行員宿泊
17:40 山口県国際交流協会 通訳ボランティア解散

(2日目)12月3日日曜日

時刻 場所 内容
8:00 山口県国際交流協会 通訳ボランティア集合
10:00 柳井クルーズホテル到着  
10:00 セミナー(勉強会) 外国人目線での受入環境の助言、多言語表記の作成
12:00~13:00 昼食(miyabi)  
14:00~15:30 徳山動物園 小動物ふれあい体験
17:30 山口県立大学 県大留学生解散
17:40 山口県国際交流協会 通訳ボランティア解散
18:00 山口大学 山大留学生解散

 

5.参加費用

無料   

 

6.申込方法

参加申込書に必要事項をご記入の上、FAXまたはEメールで、

(公財)山口県国際交流協会宛にお申し込み下さい。

 

実施概要参加申込書

 

また、当協会の通訳サポーターとして登録されていない方は、翻訳通訳サポーター登録申込書を添えてお申し込み下さい。

協会HPの「翻訳・通訳サポーターの募集」のページから、登録申込書がダウンロードできます。

http://www.yiea.or.jp/kenmin/volunteer_honyaku.html

 

7.申込先

公益財団法人 山口県国際交流協会

FAX:083-920-4144

Email: yiea.info@yiea.or.jp

 

 

8.申込期限

11月28日(火曜日)午後5時まで

 

 

9.募集人数

英語韓国語、中国語、台湾語 各2名(先着順)

 

 

 

 

<お問い合わせ先>

公益財団法人 山口県国際交流協会

〒753-0082

山口市水の上町1-7 水の上庁舎3F

電話:083-925-7353

FAX:083-920-4144

Email: yiea.info@yiea.or.jp

 

 

 

 

 

 

外国文化講座「多国籍料理講座」が始まりました♪

2017年11月21日

11月11日(土)に外国文化講座「多国籍料理講座」の第1回目を実施しました!

本講座は、外国にルーツを持つ講師をお招きして、外国の料理を作りその知識を取り入れながら、多様な食文化について理解を深める全3回の講座です。

第1回目は、山口県海外技術研修員のエレラ・パレーデス・ディアナ・カテリンさんとカストロ・スガハラ・ロドリゴ・ヒサシさんが、ペルーの家庭料理3品の作り方を教えて下さいました。

講座の冒頭では、ペルーや食文化の紹介がありました。主食は米、じゃがいも、トウモロコシなどで、じゃがいも、トマト、唐辛子などはペルーが原産国と言われており、豊かな食文化を持った国であることが分かりました。じゃがいもの品種はなんと3,000種類以上とも言われており、今回紹介してもらったレシピでもじゃがいもが沢山使われていました。

講座では、ロモサルタード(牛肉と野菜の炒め料理)、カウサ・レジェーナ(ペルー風ポテトサラダ)、アロス・コン・レチェ(お米のミルクデザート)を作りました。カウサ・レジェーナでは、普段日本の食卓ではなかなか見ることのないアヒ・アマリージョという黄色い唐辛子のペースト(別名:イエローホットペッパー)をじゃがいもに混ぜ合わせて、とても綺麗な黄色いマッシュポテトができました。少量でもピリっと辛いアヒ・アマリージョは、ペルーの他にボリビアやチリなどの家庭料理でも使われるそうです。 

講師は、参加者の皆さんのテーブルを廻りながら、美味しいアレンジなどもアドバイスしていました。参加者の皆さんからは、特にロモサルタードが好評でした。

 

11月25日(土)の第2回目は中華料理、12月2日(土)の第3回目はブラジル料理を作ります!

「国際交流プログラムin徳地2017」を開催しました!

2017年11月7日

10月28日(土)~29日(日)に「国際交流プログラムin徳地2017」を実施し、県内の高校生(平生・下松・光・周南・防府・山口・萩・下関)20名と留学生等の在住外国人(インドネシア・マレーシア・ベトナム・タイ・バングラデシュ・アフガニスタン・韓国・中国・ペルー・フィンランド・ベルギー)21名が一泊二日で交流をしました!通訳の方(アメリカ・スペイン・中国)を含めると、総勢14ヶ国の方々が参加しました!

【10月28日(土)- Day 1】

10時30分に国立山口徳地青少年自然の家に到着。皆さん、緊張気味の面持ちで自己紹介をしました。

午後は徳地アドベンチャープログラム(TAP)を行い、お互いに協力をし合いながら、3時間かけて様々なミッションをクリアしていき、TAP終了後には緊張もほぐれて和気あいあいとした雰囲気に。

夜からは、JICA山口デスクとJICA協力隊OBの方を講師にお招きし、「違いを認め合い、異文化を楽しむワークショップ」と題し、多様な国の参加者が居ることを活かしながら、ピクトグラムの比較、世界のいろいろな食べ方、ハラルについて、日本の常識と世界の常識などの意見交換や体験を通じて、習慣・文化・経験等によってそれぞれ感じ方が違うことなど、国際理解を深める時間となりました。

施設での食事では、ハラルメニューを用意していただきました。

台風が近づいていたため、あいにくの雨で天体観測が中止となりましたが、普段聞くことの出来ない秋の星座の成り立ちや神話など映像を交えながら聞くことができました。

【10月29日(日)-Day 2】

2日目は場所を重源の郷に移し、そば打ち体験や紙すき体験を行いました。昔ながらの日本の風景を再現した重源の郷では、少しずつ色づいている紅葉やようやく日差しが差し込む景色を見ることができました。そば打ちや紙漉(和紙)を通して、日本の伝統文化を体験できたとともに、楽しく交流をすることができました。

参加者の皆さんは、積極的に交流を図り、今回のプログラム活動でも非常に協力的で、スタッフ一同、とても助かりました。ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

また、プログラムの実施にご協力いただいた各学校の先生方、国立山口徳地青少年自然の家・重源の郷の皆様、講師の皆様、大変お世話になりました。

 


平成29年度「世界青年の船」事業参加青年のホストファミリー募集

2017年11月2日

 

内閣府主催の「世界青年の船」事業に参加するスペイン王国及びスリランカ民主社会主義共和国の青年が来県します。ついては、滞在期間中、日本の生活や文化体験を目的とした、ホームステイを行うホストファミリーを募集します。

 

1 受入青年

スペイン王国及びスリランカ民主社会主義共和国の青年24名(各12名)

 

2 受入・募集家庭

1家庭につき青年1名の受入れ、計24家庭を募集(原則)

 

3 受入期間

平成30年1月19日(金曜日)夕方~1月21日(日曜日)朝 <2泊>

 

【参考】全体スケジュール

1/18(木)

午前 羽田空港⇒山口宇部空港

午後 県内視察   <泊>セントコア山口

1/19(金)

終日 県内視察

18時から 歓迎会、ホストファミリーと対面   <泊>ホストファミリー宅

1/20(土)

終日 ホームステイ   <泊>ホストファミリー宅

1/21(日)

午後 山口宇部空港⇒羽田空港

 

4 受入要件等

下記ファイルをご覧ください。

募集チラシ (PDF)

申込書 (Word)

ホストファミリーの募集について (PDF)

 

5 申込方法

別添申込書に必要事項をご記入の上、郵便、FAX、電子メール、来所のいずれかの方法で、平成29年11月24日(金曜日)までに、下記「6申込先」へ申込みください。応募多数の場合は、事務局で選考の上、受入家庭を決定します。

 

6 申込み及び問い合わせ先

世界青年の船事業山口県実行委員会

ホストファミリー募集担当:(公財)山口県国際交流協会 田中

〒753-0082 山口市水の上町1番7号

TEL 083-925-7353 FAX 083-920-4144

E-mail:yiea.info@yiea.or.jp

 

<世界青年の船事業について>

〇 内閣府が行う青年国際交流事業の一つ。

〇 本事業は、世界各国の青年が集い、陸上及び船上研修を通して国際的視野を広げ、国際協調の精神を育てることにより、国際化や多様化の進展する各分野でリーダーシップを発揮して社会貢献を行うことができる青年を育成することを目的とする。

〇 今年度は、平成30年1月16日から3月2日までの46日間、日本と世界の10か国の青年が参加し、各種研修や交流活動を行う。

〇 そのうち、1月18日から21日まで、地方プログラムが行われ、本県には、スペイン王国及びスリランカ民主社会主義共和国の青年24名が訪問する。

 

<地方プログラム受入実施団体>

世界青年の船事業山口県実行委員会

(山口県青年国際交流機構、山口県及び(公財)山口県国際交流協会で構成)

タブカフェ(多文化共生国際カフェ)イタリア参加者募集! 「大公開!イタリア人のありふれた日常~ナターレ(クリスマス)の様子を交えつつ~」(12/16)

2017年11月2日

イタリア人の一日の過ごし方、粉川さんが住んでいたイタリア中部の町スポレートなどについてご紹介いただきます。イタリアのクリスマスのお菓子を食べながら、ナターレ(クリスマス)の雰囲気を楽しんでみませんか?

 

<日時> 平成29年12月16日(土)14:00~16:00

 

<場所> 山口県国際交流協会 交流ラウンジ(山口市水の上町1番7号 水の上庁舎3階)

 

<対象> 興味のある方であればどなたでも

 

<定員> 35名程度 ※先着順

 

<参加費> 500円平成29年度賛助会員は無料

※講座当日に賛助会員(年会費2,000円)にご入会いただけます。

 

<講師> 粉川 妙 氏(イタリア語通訳・日伊協会山口副理事長)

 

<申込方法>
①氏名(ふりがな)、②住所(市町のみ)、③電話番号、④Eメールアドレスについて、電話・FAX・Eメール・郵送・来所のいずれかでお知らせください。

 

<申込受付開始日>

賛助会員:10月28日(土)

一 般:11月4日(土)

 

<申込締切> 平成29年12月9日(土)
※締め切り前でも定員になり次第締め切ります。

 

<主催・申込先・問い合わせ先>
公益財団法人 山口県国際交流協会 
〒753-0082 山口市水の上町1番7号 水の上庁舎3F
TEL:(083)925-7353  FAX:(083)920-4144  Eメール:yiea.info@yiea.or.jp

 

“タブカフェ”とは?
「多文化共生国際カフェ」の略で、県内に暮らす外国人の方や海外在住経験のある方などから母国や海外生活の体験談を聞いてみたり、一緒におしゃべりしたりしながら、異文化をもっと知ろう!という取り組みです。講座は日本語で行います。

タブカフェ(多文化共生国際カフェ)ガーナ 参加者募集!「チョコだけじゃない!ガーナの魅力アレコレ」(11/25)

2017年11月2日

JICAの青年海外協力隊(職種:行政サービス)として、ガーナに約2年間派遣されていた大庭さんに、青年海外協力隊の体験談、ガーナに暮らして感じたこと、ガーナの音楽などについてお話いただきます。

 

<日時> 平成29年11月25日(土)14:00~16:00 

 

<場所> 山口県国際交流協会 交流ラウンジ(山口市水の上町1番7号 水の上庁舎3階)

 

<対象> 興味のある方であればどなたでも

 

<定員> 35名程度 ※先着順

 

<参加費> 500円平成29年度賛助会員は無料
※講座当日に賛助会員(年会費2,000円)にご入会いただけます。

 

<講師> 大庭 健太郎 氏(防府市役所)

 

<申込方法>
①氏名(ふりがな)、②住所(市町のみ)、③電話番号、④Eメールアドレスについて、電話・FAX・Eメール・郵送・来所のいずれかでお知らせください。

 

<申込受付開始日>
賛助会員:10月28日(土)
一    般 :11月 4日(土)

 

<申込締切> 平成29年11月18日(土)
※締め切り前でも定員になり次第締め切ります。

 

<主催・申込先・問い合わせ先>
公益財団法人 山口県国際交流協会 
〒753-0082 山口市水の上町1番7号 水の上庁舎3F
TEL:(083)925-7353  FAX:(083)920-4144  Eメール:yiea.info@yiea.or.jp

 

“タブカフェ”とは?
「多文化共生国際カフェ」の略で、県内に暮らす外国人の方や海外在住経験のある方などから母国や海外生活の体験談を聞いてみたり、一緒におしゃべりしたりしながら、異文化をもっと知ろう!という取り組みです。講座は日本語で行います。

☆山口県国際交流員の楽しいCIRレポートが更新されました(10月号)

2017年11月1日

山口県国際交流協会主催の「外国文化講座」の講師を務めてくださっている県国際交流員(CIR)の出身国の文化等について紹介するレポートです。ぜひご一読ください!

CIRレポート10月号
国際交流員が出身国の様々なことについて紹介するCIRレポート

ヘマ交流員(スペイン)
「スペインの秋とハロウィーン」

房交流員(中国)
「甘味、苦味、塩味、酸味、辛味ー中国五味(ごみ)の調和ー」

↓↓↓こちらをクリックしてご覧ください。↓↓↓
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/…/a12900/CIR_Report/top.html

(写真は、ヘマ交流員のレポートから)

【注意(ちゅうい)】台風(たいふう)が 近(ちか)づいています。 2017.10.28

2017年10月28日

【注意(ちゅうい)】
台風(たいふう)が 近(ちか)づいています。
天気(てんき)予報(よほう)は 「山口県(やまぐちけん)に 台風(たいふう)が 一番(いちばん) 近(ちか)づくのは、10月(がつ)29日(にち)(日曜日(にちようび))です」と言(い)っています。
防災(ぼうさい)ハンドブックを 見(み)て、台風(たいふう)が 来(く)る前(まえ)の 準備(じゅんび)を しましょう。
台風(たいふう)が 近(ちか)づいたときは、できるだけ 外(そと)に 出(で)ないように しましょう。
・山口県(やまぐちけん)の 防災(ぼうさい)ハンドブック
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/…/bosai…/bosai-handbook.html

【Attention】
A typhoon is approaching. 
According to the weather forecast, “the typhoon (tropical cyclone) will hit Yamaguchi Prefecture on October29th (Sunday).”
Please refer to your Emergency Handbook to prepare for when a typhoon comes. When a typhoon approaches, please stay inside as much as possible.
・Yamaguchi Prefecture’s Emergency Handbook
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/…/bosai…/bosai-handbook.html

【注意】
台风正在靠近。
据天气预报预告,台风将于10月29日(星期日)距离山口县最近。
请参考一下防灾手册,在台风到来时,看看需要做些什么准备?
台风靠近时,请尽量不要外出。
・防灾手册
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/…/bosai…/bosai-handbook.html

【주의】
태풍이 접근하고 있습니다.
일기예보에 의하면「태풍이 야마구치현에 가장 가깝게 접근하는 날은 10월29일(일요일)」입니다.
방재 핸드 북을 보고 태풍이 오기 전에 준비를 합시다.
태풍이 다가올 때는 가급적 밖에 나가지 않도록 합시다.
・야마구치 현 방재 핸드북
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/…/bosai…/bosai-handbook.html

<気象庁(きしょうちょう)> 
台風(たいふう)情報(じょうほう)
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

<Japan Meteorological Agency> 
Tropical Cyclone Information
http://www.jma.go.jp/en/typh/

通訳・翻訳サポーターに登録しませんか?

2017年10月24日

当協会では、県内の多文化共生・国際交流・国際協力活動に係る通訳・翻訳にご協力いただけるボランティアを募集しています。外国語が得意な日本人の方、日本語が上手な外国人住民の方のご協力をお待ちしております。

 

特に韓国語・ベトナム語・台湾語・タガログ語・タイ語のサポーターが不足しています。ぜひご応募ください!

 

■■■登録要件■■■

外国語(外国人住民の方は日本語)で日常会話または日常文の翻訳が支障なくできる方で、当協会のサポーター登録制度の趣旨を理解し、積極的に協力していただける方。

 

※ただし、英語での登録を希望される方は、次の基準を参考にご応募ください。

TOEIC730点以上、英検準1級以上、またはこれに準ずる資格や経験、同程度の能力があると認められる人。

※外国人の方は日本語能力試験N1程度。

 

■■■活動内容■■■

県・市町・国際交流団体、個人など、非営利団体からの通訳・翻訳のお手伝いをしていただきます。

<通訳の活動事例>

国際交流イベント、シンポジウム、訪問団来県に係る県内視察・表敬、学校交流、医療・保健機関、法廷・取調、労働相談 等

<翻訳の活動事例>

書簡、観光パンフレット、美術館パンフレット、料理講座レシピ、外国人向けイベントチラシ 等

 

■■■報酬について■■■

ボランティアのため、原則無報酬になっていますが、依頼元によっては謝金が支払われることがあります。なお、通訳などで現地に行く際の交通費は、依頼元から支給されます。

 

 

詳細は当協会のホームページをご覧ください。

 

登録にあたっては、「多文化共生サポーター登録・紹介制度要綱」をご一読の上、ご登録をお願いいたします。