• YIEAのご紹介
  • (公財)山口県国際交流協会からのお知らせ

(公財)山口県国際交流協会からのお知らせ

留学生ホームビジット交流2017の対面式を開催しました

2017年6月17日

「留学生ホームビジット交流」に参加するホストファミリーと留学生の対面式を、5月20日(土)に山口短期大学オープンカレッジ(防府地域)、下関市立大学(下関地域)、5月27日(土)に徳山大学(周南地域)、山口県国際交流協会(山口地域)、6月10日(土)に山口大学常盤キャンパス(宇部地域)で開催しました。

 

初めて出会う留学生とホストファミリーの皆さんは、恥ずかしそうにしながらも嬉しそうに歓談し、お互いの連絡方法を確認したり、ホストファミリーと一緒にやってみたいこと、好きな食べ物などで話題が弾んでいました。

子供連れの留学生を受け入れたホストファミリーの女性が、孫を可愛がるように赤ちゃんを抱っこしながら留学生と話していて、お互いにすぐに打ち解けた様子が印象的でした。

 

各組それぞれの交流がこれから始まりますが、文化や習慣の違いを発見したり経験しながら、楽しい交流を続けていただきたいと願っています。

 

防府地域と山口地域では、留学生の参加希望者がホストファミリーの数を上回って、交流できない留学生がいます。ホストファミリーの追加募集をしていますので、週末などお互いの都合の良いときに交流できる「留学生ホームビジット交流」のホストファミリーにご協力頂ける方はご連絡ください。条件が合い次第、随時留学生と組合せいたします。

 

留学生ホームビジット交流のホストファミリー募集については、このページをご覧ください。http://yiea.or.jp/publish/topics/2017/02/25/%E3%80%8C%E5%B9%B3%E6%88%90%EF%BC%92%EF%BC%99%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E7%95%99%E5%AD%A6%E7%94%9F%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%88%E4%BA%A4%E6%B5%81%E3%80%8D%E3%81%AE%E3%83%9B/

 

 

 

<留学生ホームビジット交流に関するお問い合わせ先>

公益財団法人 山口県国際交流協会

〒753-0082山口市水の上町1番7号

TEL:(083)925-7353

FAX:(083)920-4144

Eメール: yiea@yiea.or.jp

 

☆山口県国際交流員の楽しいCIRレポートが更新されました(5月号)

2017年6月6日

山口県国際交流協会主催の「外国文化講座」の講師を務めてくださっている県国際交流員(CIR)の出身国の文化等について紹介するレポートです。ぜひご一読ください!

CIRレポート5月号☆
国際交流員が出身国の様々なことについて紹介するCIRレポート

◆ローラ交流員(アメリカ)
「アメリカで人気のあるおもちゃ」

◆裵允珠交流員(韓国)
「韓国5月家庭月」◆裵允珠交流員(韓国)

「韓国の5月は家庭の月」

↓↓↓こちらをクリックしてご覧ください↓↓↓

http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a12900/CIR_Report/top.html

(写真はローラ交流員のレポートより)

第2回多文化共生フォーラム『多文化共生で外国人とともに築く「山口の未来」』~維新から150年、さらに世界とつながる地域をめざして~参加者募集中!

2017年6月2日

現在、日本に住む外国人住民は238万人を超え、山口県でも約1万4千人以上が暮らしています。様々な文化や国籍等を持つ人々が、互いの違いを尊重しつつ、共に活躍できる「多文化共生」の地域づくりについて考えるフォーラムを開催します。ぜひご参加ください!

 

日時:平成29年7月2日(日)13:30~16:30(開場13:00)

会場:山口県セミナーパーク 講堂(山口市秋穂二島1062)

 

定員:300名(先着順)

参加料:無料

要約筆記あり

託児あり(事前予約)

 

<第1部>基調講演 13:30~15:10

演題:女優サヘル・ローズさんが語る「出会いこそ生きる力」~人と人との絆~

講師:サヘル・ローズ氏

1985年、イラン生まれ。幼少時代を孤児院で過ごし、8歳で養母と来日。

様々な苦難を乗り越えながら、高校時代から芸能活動を始める。声優の専門学校に通いながら東海大学でITを専攻し、卒業。

日本語、ペルシャ語、ダリー語、タジキ語を話し、

趣味・特技はテニスや絨毯織りと多彩。夢はイランに児童養護施設をつくること。

現在、女優、タレントとして多くの番組等に出演し、7本のレギュラーを持つ。

 

<第2部>

(1)外国人住民によるパネルディスカッション 15:20~16:10

外国人住民に聞く「山口の多文化共生」いまとこれから

 

*コーディネーター

田村 太郎氏 (ダイバーシティ研究所代表理事)

*パネリスト

上田 エカテリーナ 氏(山口日露交流クラブ代表) ロシア出身

バブ・チチラピリー 氏(山口インターナショナルプログラム研究会代表)インド出身

ペルラキ・ディーネシュ 氏(津和野町日本遺産センターコンシェルジュ)ハンガリー出身

 

(2)まとめ グローバル社会における地域のあり方と多文化共生 16:10~16:30

講師:田村 太郎 氏(ダイバーシティ研究所代表理事)

 

<申込み方法>

電話・FAX・メール・来所のいずれかにより山口県国際交流協会に申し込む。

申込み締め切り:平成29年6月29日(木)※先着順

 

主催:公益財団法人山口県国際交流協会、公益財団法人山口県ひとづくり財団

後援:山口県、山口県教育委員会、山口市、山口市教育委員会、防府市教育委員会、宇部市教育委員会

 

<お問い合せ・お申込み先>

公益財団法人山口県国際交流協会

〒753-0082 山口市水の上町1番7号

TEL:(083)925-7353  FAX083-920-414

メール:yiea.info@yiea.or.jp

URL: http://www.yiea.or.jp/

*開館日は火曜日~土曜日。休館日は、日曜日、月曜日、祝日。

 

★多文化共生とは?

国籍や民族などの異なる人々が、互いの文化的な違いを認め合い、対等な関係を築こうとしながら、地域社会の構成員として共に生きていくこと。

 

チラシ・申込書(PDF)

 

 

「外国人住民(がいこくじんじゅうみん)のための防災教室(ぼうさいきょうしつ)」を開催(かいさい)します。

2017年5月27日

【日時(にちじ)】:2017年(ねん) 6月(がつ) 18日(にち)(日曜日)(にちようび)

13:00~16:30

 

【参加費(さんかひ)】:無料(むりょう)(お金(かね)はいりません)

気軽(きがる)に参加(さんか)してください。

 

【場所(ばしょ)】: 防府市文化福祉会館(ほうふしぶんかふくしかいかん)

3階(かい) 4号室(ごうしつ)

防府市緑町(ほうふしみどりまち) 1丁目(ちょうめ)9-2 Tel: 0835-23-1500

 

【- 内容(ないよう) -】

◆災害(さいがい)についてのお話(はなし)

身近(みぢか)な災害(さいがい)について勉強(べんきょう)します。

◆地震(じしん)体験(たいけん)(地震(じしん)を体験(たいけん)します)

◆消火(しょうか)体験(たいけん)(火(ひ)を消(け)す体験(たいけん)をます)

※参加(さんか)した人(ひと)には防災(ぼうさい)グッズをプレゼントします。

 

【対象(たいしょう)】:山口県(やまぐちけん)に住(す)む外国人(がいこくじん)はだれでも

参加(さんか)できます。

 

【通訳(つうやく)】:英語(えいご)・中国語(ちゅうごくご)・ベトナム語(ご)

韓国語(かんこくご)の通訳(つうやく)がいます。

 

【申込み(もうしこみ)】:①名前(なまえ)(フリガナ) ②住所(じゅうしょ)

③電話番号(でんわばんごう) ④国籍(こくせき)

⑤Email ⑥通訳(つうやく)して欲(ほ)しい言語(げんご)

※ ①~⑥を電話(でんわ)・メール・FAXで連絡(れんらく)してください。

 

【締め切り(しめきり)】:2017年(ねん)6月(がつ)11日(にち)(日曜日)(にちようび)

までに連絡(れんらく)してください。

 

<お問(と)い合(あ)わせ・お申込(もうしこみ)先(さき)>

山口県(やまぐちけん)国際(こくさい)交流(こうりゅう)協会(きょうかい)

 Yamaguchi International Exchange Association 

〒753-0082 山口市(やまぐちし)水(みず)の上町(うえちょう)1-7

1-7 Mizunoue-cho, Yamaguchi-shi, 753-0082

TEL:083-925-7353  FAX:083-920-4144 Email:yiea.info@yiea.or.jp

外国人住民のための防災教室in 防府(チラシ)2017.5.11

 

「外国人住民のための日本料理講座」を実施しました!

2017年5月27日

5月13日(土)に「外国人住民のための日本料理講座」を下関市で開催し、お弁当作りを実施しました。中国、バングラデシュ、フィリピン、ベトナム、マレーシア、スリランカ、インドネシア、韓国、アメリカ、カナダの親子から学生、社会人、主婦の方の参加がありました。

 

講座のはじめに「日本のお弁当とは?」をテーマに、お弁当の変遷、歴史、種類、役立つアイテム、お弁当の詰め方のポイントや注意点などパワーポイントで学びました。

 

実践では、デコ巻き寿司マイスターのおこめ巻子さんに、お弁当だけでなく、家庭料理でもおもてなしの席でも喜ばれるデコ巻き寿司(巻き寿司をデコレーションしたもの)を作りました。

カットした瞬間に現れたバラ柄の巻き寿司に歓声が上がりました。 

 

お弁当のおかずでは、定番の卵焼き、タコさんウインナー、野菜の肉巻きなど、朝の貴重な時間に短時間で作れるメニューを学びました。

今回は、イスラムの方の参加も多く、ハラルの食材を使用しました。初めてお弁当を詰める方が多かったですが、日本でよく使われるバラン等の便利アイテムの使い方や綺麗に詰めるコツを掴み、美味しそうなお弁当が完成しました。

 

参加者からは、「子どものお弁当に役立てたい」「学校に作って行こうと思う」「他の国の人と話ながら日本料理を作るのが楽しかった」等のご感想をいただきました。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

 

また、企画から当日のアシスタントまで多大なるご協力いただきましたしものせき国際交流ねっとの皆さん、本講座に明太子を提供して下さった前田海産株式会社様、心より感謝申し上げます。

タブカフェ(ウクライナ)「海と沢山の国が隣接する東欧の国ウクライナの魅力!!」を実施しました!

2017年5月16日

4月22日(土)に今年度第1回目の開催となる多文化共生国際カフェ(タブカフェ)ウクライナ「海と沢山の国が隣接する東欧の国ウクライナの魅力!!」を開催し、33名の方にご参加いただきました。

講師は、山口大学の留学生のカリーモヴァ・オレーナ氏です。

前半は、ウクライナの位置、歴史、国旗、国章などウクライナ全般の話をしてもらいました。続いて日本ではなじみの少ないウクライナ語の簡単な挨拶について教えていただき、皆さんで練習をしました。

オレーナさんは、ウクライナのリヴィウ出身で、歴史的な町の様子や観光地を写真と共に紹介してもらいました。またリヴィウはチョコレートとコーヒーが有名で喫茶店が沢山あるお話やビールもおいしいことを伺い興味を惹かれました。

休憩では、有名なウクライナのチョコレート会社Roshen(ロシェン)社のロシェットダークチョコレートとミルクチョコレートを用意し、紅茶と共にみなさんにウクライナの味を楽しんでいただきました。

休憩中にはたくさんの方が、オレーナさんに質問等話しかけておられました。

後半は、ウクライナの料理のお話から始まりました。有名な料理は「ボルシチ」。日本では赤いスープのボルシチがよく知られていますが、沢山の種類があることにも驚かされました。パイのような料理や乾燥フルーツをつかった飲み物など珍しくおいしそうな料理をたくさん紹介してもらいました。中でも、蕎麦をウクライナでも食べていること、その料理の仕方が日本とはまるで違うことなど、初めて聞く興味深い話に、皆さん聞き入っていらっしゃいました。

最後はウクライナの伝統的な服の話で、赤い糸の刺繍が有名で、地域によって図柄が違うこともおもしろく、伝統的なホパックの踊りもビデオで紹介していただきこころから楽しませてもらいました。

参加者の方々はウクライナにとても興味を持たれたのではないでしょうか。

特に印象に残ったことは、オレーナさんの日本語のすばらしさです。日本語を習われてわずか3年半とは思えないほどのレベルで、参加者の方々も感心しておられました。

素敵なお話をしていただいたオレーナさんに心から感謝とお礼を申し上げたいと思います。

 

今後もタブカフェは県内各地で開催していきます。

次回のタブカフェは、タブカフェスペシャルです。6月10日(土)に2020東京オリンピックの

スペインのホストタウンになった宇部市との共催で宇部市総合福祉会館3階(宇部市琴芝町2丁目4番20号)にて「情熱の国スペインの魅力を満喫しませんか!!」と題して県国際交流員のマリア・ルビオさんにお話していただきます。

皆様のご参加をお待ちしています!

タブカフェ(多文化共生国際カフェ)スペインの参加者募集です【定員に達したため募集を締め切りました。(5/27)】

2017年4月28日

今回のテーマはスペインです。

~情熱の国スペインの魅力を満喫しませんか!!~

 

2020年の東京オリンピックに向けて山口県・山口市・宇部市がスペインのホスト

タウンとして登録されました。これからスペインに注目が集まりそうです。

これを機に、山口県の国際交流員として来日しているマリア・ルビオさんにスペインの自然、文化、食生活、習慣などその魅力と魅惑の世界を余すことなくご紹介し

ていただきます。

 

<日 時>平成29年6月10日(土)13:30~15:30
<場 所> 宇部市総合福祉会館 23階 講習室

(宇部市琴芝町2丁目4番20号)
<対 象> 興味のある方であればどなたでも
<参 加 費> 500円(賛助会員は無料)

※賛助会員の年会費は2000円です。
<定  員> 40名程度 ※要予約・先着順
<講  師> 山口県国際交流員 マリア・ルビオ 氏(スペイン)

<申込方法> 氏名(ふりがな)・住所・年齢・電話番号・Eメールアドレスについ

て、電話・FAX・Eメール・郵送・来所のいずれかでお知らせください。

※定員に達したため、募集を締め切りました。たくさんのお申込みありがとうございました(5/27)。

<申込受付開始>  賛助会員 平成29年5月 6日(土)より         一  般 平成29年5月13日(土)より

<申込締切>  平成29年6月3日(土)

※締切前でも定員になり次第締め切ります。

詳しくは。下のチラシをご覧下さい。

チラシ(スペイン).docx

集まれ!こどもたち!遊んで・学べる!青空天国いこいの広場(山口JC主催)

2017年4月27日

今年のテーマは「チャレンジ」です。

山口県国際交流協会もJICA中国国際センターと共同で参加します。

 

★「チャレンジ!世界を知ろうミニフェスタ」

ブース内では、国際交流協会の活動やJICA活動を広く紹介します。

また、子どもたちには、世界を知ってもらうために、

クイズやワークショップ、留学生との英会話による交流機会を用意しています。

 

日時:5月5日(こどもの日)10時~16時

場所:中市商店街「中市コミュニティーホール前広場」

出展内容:

世界の国々クイズ

     クイズ参加者全員に

缶バッチづくり(午前・午後先着100名)

ビーズでつくる国旗のワークショップ(限定50名)

※「缶バッチ」と「ビーズでつくる国旗」のどちらかを選択してつくっていただきます。

④山口県国際交流協会の活動パネル展示及び各種講座の紹介

⑤青年海外協力隊の紹介パネル展示

 

 

参加対象:小学生以上(原則)国際交流に興味のある人

参加料:無料

駐車場:近隣の有料駐車場

 

<お問い合わせ先>

(公財)山口県国際交流協会

TEL:083-925-7353

開館日・開館時間:日曜日・月曜日・祝日を除く8:30~17:15

「イスラムを知る」連続セミナーの参加者を募集します!(賛助会員先行受付:5/2~、一般受付:5/9~)【定員に達したため募集を締め切りました。(5/26)】

2017年4月27日

世界3大宗教であるイスラム教。現在、世界のイスラム教徒は16億人以上、日本で生活するムスリム(スラム教徒)も10~20万人と言われています。でも日本では「イスラム文化」にあまり馴染みがないせいか、わからないことも多いかもしれません。

本セミナーは、イスラム文化についてまずは「知り」、「考え」、そして「理解する」ことを目的として開催するものです。「イスラムの文化を知りたい」、「イスラム教徒の方のことを理解したい」、「中東イスラム圏の難民問題についても考えたい」、「まったく馴染みがないからこそ興味がある」―そんな皆さんのご参加をお待ちしています!

★賛助会員先行受付は、5/2(火)~、一般受付は5/9(火)です★

  講座概要

日程

時間

主な内容

①6月3日(土)

14:00~

17:00

~中東イスラムの今『シリア難民問題について考える』~

映画上映『目を閉じれば、いつもそこに~故郷(ふるさと)・私が愛したシリア~』

シリア・ヨルダンで活動した元・青年海外協力隊による現地のお話し

②6月17日(土)

 

14:00~

16:00

 

~はじめまして、イスラム『イスラム文化理解ワークショップ』~

イスラム文化の基礎的なことを知り・考える参加型ワークショップ

③7月 1日(土)

~イスラム食文化交流会『出会おう!話そう!理解しよう!』

県内に暮らすイスラム教徒の方との「食」を通じた交流会

 

2  主  催  独立行政法人国際協力機構中国国際センター/公益財団法人山口県国際交流協会

  講   師   ①青年海外協力隊OG ②JICA中国開発教育支援事業担当者 ③山口県在住イスラム教徒

  場   所    ①②小郡地域交流センター 2F視聴覚室 ③平川地域交流センター 講堂

  参加対象  興味のある方であれば、どなたでも

  定  員  50名程度(申込み先着順)

  受 講  料   無料

  申込方法  講座名(イスラムを知る連続セミナー)、氏名(ふりがな)、年齢、郵便番号、住

所、電話番号、メールアドレスを明記し、FAX・Eメール・郵送・来所のいずれか

でお申し込みください。

9   申込受付  山口県国際交流協会賛助会員5月2日(火)~ / 一般 5月9日(火)~

10  申込締切  平成29年5月27日(土) ※締め切り前でも、定員になり次第、締め切ります。

※定員に達したため、募集を締め切りました。たくさんのお申込みありがとうございました(5/26)。

 

11               公益財団法人山口県国際交流協会

〒753-0082 山口市水の上町1-7 水の上庁舎3F

TEL:(083)925-7353/FAX:(083)920-4144  /  Email: yiea.info@yiea.or.jp

 

◆チラシ(PDF) イスラムを知る連続セミナー

 

【報告】留学生ホームビジット交流のホストファミリー登録説明会レポート

2017年4月19日

4月15日(土)に「留学生ホームビジット交流」ホストファミリー登録説明会を当協会の交流ラウンジで開催しました。

当日は19家庭、14名の方に参加していただきました。

最初に、「留学生ホームビジット交流」について、概要やスケジュールなどの事業の説明しました。

次に、昨年はじめてホストファミリーになっていただいた田村めぐみさん体験談をお話ししていただきました。

 

<田村さんのお話しの内容>

★海外でのホームステイをしたことがあり、わずかな期間にも関わらず、色々な事に前向きになることができ、周りからも変化を認められた経験から、中学生の娘にも英語で実際に会話できる環境作りをしたかったこと。

★テレビで東京でのホームビジットの事を知り、山口にもあるのかな?と調べてみたら山口県国際交流協会で同じような企画の募集をしていることがわかり、すぐに申し込んだこと。

★ホームステイとなると期間も限られ、仕事をしているとなかなか引き受けられないがホームビジットなら敷居も低く参加しやすい。

★色々な文化を知る良い機会。

★事前に申込書に希望を記入できたので、家族の状況や希望に合う留学生を紹介してもらえたこと。

★実際の交流は、留学生が遊びに来て一緒に食事をしたり、買い物に行ったり、普通のお友達と同じように過ごしていること。

★食事も特別なメニューというより、普段食べているものを出し、少し日本らしいものを添える程度。

★受け入れたのが、中国からの留学生で、同じ東洋人ということもあり、生活様式にもあまり差がなかったので、あまり構える必要がなかったこと。

 

田村さんの自然体での交流のお話しに、参加された皆さんは、熱心に耳を傾けておられました。

 

次に、山口県国際交流員のアメリカ出身のローラ・リーさんとスペイン出身のマリア・ルビオさんに、外国人の立場から、「異文化交流体験談」として、日本に来たときにびっくりした事や、欧米と日本の習慣の違いや、外国人受入でよく生じる誤解、高知県、長野県、鹿児島県、神奈川県、兵庫県でホームステイを体験した時のホストファミリーとの様子について紹介していただきました。

また、なぜホームビジット交流がオススメなのかについて、「留学生にとっては、教室の中では絶対に学べない文化や習慣を経験するだけでなく、実家から何千キロも離れている国で“ただいま!”といえるところがあるのは本当に素晴らしい」とコメントしていただきました。

また、ホストファミリーを検討中の家庭に向けて、「お互いの文化を理解し合い尊敬することができ、日本の家庭を紹介するチャンス。コミュニケーションを取って、広い心で楽しもう!」とアドバイスがありました。

国際交流員のお話の中でとても印象的だったのは、名前で呼び合ったり、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんなど、家族のように呼び合うと早く親しくなれるので、早い時点でお互いになんと呼び合うのか決めておくと良いことや、「顔が小さいですね!」という日本人からのほめ言葉が、最近まで分からなくて、自分の顔と体のバランスが変なのかと悩んでいたという話題でした。

ローラさんとマリアさんのお話は、大変興味深く、面白く、ホストファミリーを検討されている方々にとって、とても参考になったと思います。

 

「留学生ホームビジット交流」の今後のスケジュールは、次の通りです、

4月22日(土) ホストファミリー参加申込期限

5月中旬      組み合わせ決定後、ホストファミリーと留学生に結果通知。

5月20日(土) 防府地域の対面式(山口短期大学オープンカレッジ 10時~11時)

5月20日(土) 下関地域の対面式(下関市立大学 14時~15時)

5月27日(土) 周南地域の対面式(徳山大学 10時~11時)

5月27日(土) 山口地域の対面式(山口県国際交流協会 14時~15時)

6月10日(土) 宇部地域の対面式(山口大学常盤キャンパス 10時~11時)

6月~9月末   交流期間(10月以降は自由交流)

10月~11月  アンケート提出依頼

 

毎年、留学生の参加希望者がホストファミリーの数を上回って、交流できない留学生がいます。週末などお互いの都合の良いときに交流できる「留学生ホームビジット交流」にぜひお申し込みをお願いします!

 

※交流の形は、宿泊を伴わない日帰りの交流です

★「留学生ホームビジット交流」の詳細と申込方法は下記のページをご覧下さい。

http://yiea.or.jp/publish/topics/2017/02/25/%E3%80%8C%E5%B9%B3%E6%88%90%EF%BC%92%EF%BC%99%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E7%95%99%E5%AD%A6%E7%94%9F%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%88%E4%BA%A4%E6%B5%81%E3%80%8D%E3%81%AE%E3%83%9B/