• YIEAのご紹介
  • (公財)山口県国際交流協会からのお知らせ

(公財)山口県国際交流協会からのお知らせ

『多国籍料理講座』(下半期)が終了しました♪

2017年1月27日

1月21日(土)に外国にルーツを持つ講師から各国の料理や文化を学ぶ全3回の『多国籍料理講座』の最終回を迎えました!

代表的な家庭料理でありながら観光地でも食べられる本場の料理として、ベトナム、スペイン、タイ料理を作りました。

(第1回目ベトナム料理の実施レポートはこちら

 

スペイン料理では、パエリア・じゃがいもオムレツ・アヒージョを作りました。

スペインでは1日5食小分けして食事をすることや、スペイン全国で誰がじゃがいもオムレツを上手に作れるかを競う料理コンテストがあること、パエリアは地方によって様々な作り方があり、スペイン人はどれが本格的か、ということを議論することが好きだというエピソードも紹介されました。

アヒージョは10分もあれば簡単に作れると驚いている参加者もいらっしゃいました。

 

タイ料理では、牛乳をベースにしたトムヤムクンとガパオガイ(ライス)を作りました。

ベトナム料理の回で紹介されたナンプラーをはじめ、こぶみかんの葉やフクロタケ、レモングラス、ホーリーバジルなど、日本の家庭料理ではあまり馴染みのない様々な食材や調味料が紹介されましたが、味や風味が口に合うと好評でした。

参加者からは、「各国の講師が自国の紹介や生活の仕方を話して下さるのがとてもよかった。」「国名は親しみ深いけど、普段使わないハーブなど食材が体験できてよかった。」「世界の知らない料理をもっと作り食べたいと思った。」などの感想をいただきました。

 

様々な国の料理・食文化を教えて下さった講師の皆さま、そしてご参加いただいた参加者の皆さま、本当にありがとうございました!

 

 

平成29年度『グローバルやまぐち国際活動支援事業費補助金』『小規模助成金』上期申請を受け付けます。

2017年1月26日

山口県国際交流協会では、県内の民間国際活動団体の事業促進を応援するため、2種類の上期の助成金の申請を受け付けます。※県内に所在・活動している団体に限る

【申請期間】 上期:平成29年3月1日~4月30日
【対象事業期間】 上期:平成29年4月1日~平成29年9月末日までに

実施される事業

【助成金交付決定】 上期:平成29年5月中旬(予定)

※申請内容によっては申請の訂正を要することがあるため、余裕を持った提出を

お願いいたします。

★グローバルやまぐち国際活動支援事業費補助金★

【対象となる事業】

●国際交流事業 ※山口県内で実施されるもの

・県民と外国人との交流事業 ・本県在住外国人に対する支援事業

・県民の国際交流・国際理解の促進に寄与する事業 等

●国際協力事業 ※国外で実施されるもの

・開発途上国に対する生活、医療、教育及び技術協力等の援助 等

【助成額】

事業経費の1/2以内 ※限度額10万円

 

★小規模助成金★

【対象となる事業】

●国際交流、国際理解、多文化共生に関する事業

●広く一般県民が参加できるもの 等

【助成額】

1事業につき5万円

 

○申請手続きの流れ、要綱、判断基準、申請書等はホームページの専用ページに掲載しておりますので、そちらをご覧下さい。※申請書ダウンロード可能

▷国際活動団体向け補助金

◆H29チラシ(グローバルやまぐち国際活動支援事業費補助金)

◆H29チラシ(小規模助成金)

申請方法や対象事業になるかどうかなど、ご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

<お問い合わせ>

山口県国際交流協会

〒753-0082 山口市水の上町1-7 水の上庁舎3F

TEL: 083-925-7353 FAX: 083-920-4144

E-mail: yiea@yiea.or.jp

タガログ(たがろぐ)語(ご)相談(そうだん)窓口(まどぐち)お休(やす)みのお知(し)らせ

2017年1月24日

2017年(ねん)1月(がつ)25日(にち)・2月(がつ)8日(にち)・2月(がつ)22日(にち)は、面談(めんだん)相談(そうだん)をお休(やす)みします。

電話(でんわ)相談(そうだん)は、受(うけ)付(つ)けています。 

電話(でんわ)番号(ばんごう):083-925-7353

 

Mga kababayan sa Jan 25, Feb 8 at 22 ay walang personal na konsultasyon.

Kung may nais kayong gustong itanong o ikonsulta, second week at fourth week na miyerkoles tumawag lamang po kayo sa Yamaguchi ken Kokusai Kouryu Kyoukai.

コミュニティー通訳ボランティア講座 受講者募集中!※【通訳基礎編】は定員に達したため募集を締め切りました。

2017年1月14日

当協会登録の通訳・翻訳サポーターの方、これから通訳ボランティアとして活動してみたい方、通訳の基礎や母子保健分野における通訳の心構えや必要な知識について一緒に学びませんか?

◆コミュニティー通訳とは

日常生活の様々な場面(行政窓口・教育・医療・福祉・各種相談・市民交流活動等)での通訳。言葉だけでなく、文化(制度の違い等)の橋渡しを行い、地域で暮らす外国籍住民が円滑なコミュニケーションができるよう支援します。

■主催・場所 山口県国際交流協会 交流ラウンジ(山口市水の上町1-7 水の上庁舎3F)
■対  象 通訳ボランティアの活動に関心のある方。
※通訳実践の練習をするため、日常会話程度の日本語及び外国語ができることが望ましいですが、見学も可能です。なお、実践練習は、英語・中国語・韓国語・スペイン語で行います。他の言語の参加者は、見学となります。
■定  員 30名(先着順)
■受 講 料 各回500円(資料代等) ※賛助会員の方・外国人の方は無料

【内容】

●第1回目【通訳基礎編】 

平成29年2月18日(土)14:00~16:30

<講師> 田中 順子 氏

(津田塾大学英文科卒。国土交通省認定通訳案内士。現在、SES周南英会話にて通訳講師を担当。)

山口県国際交流員(スペイン・米国・中国・韓国)※言語の申込み状況によって協力いただきます。

(1) コミュニティー通訳の基礎知識

・コミュニティー通訳とは

・コミュニティー通訳者の資質と倫理

(2)コミュニティー通訳のための基礎訓練法の紹介と練習

・単語・短文のクイックレスポンス、シャドーイング、リテンション、メモ取り、

区切り聞きと区切り訳出、サイトトランスレーションについて学びます。

(3) 通訳練習

・グループごとに自己紹介やスピーチなどの簡単な通訳練習を行います。

 
●第2回目【母子保健編】 

平成29年2月25日(土) 14:00~16:30

<講師> 吉田 幸美 氏

(九州大学文学部文学科卒。国土交通省認定通訳案内士、(一社)日本観光通訳協会会員。

現在、梅光学院大学ボランティアスタッフを担当。)

田中 裕子 氏   (山口市健康増進課 保健師)

齋藤 凉子 氏   (国際交流ひらかわの風の会 事務局長)

山口県国際交流員(スペイン・米国・中国・韓国)※言語の申込み状況によって協力いただきます。

(1) 母子保健に関する基礎知識

・母子保健に関する基礎知識

・通訳の体験談~山口県での外国人出産サポートの経験から~

・妊娠・出産に関するよく使う単語・フレーズ紹介・問診票について など

(2) 通訳練習

・妊娠・出産にかかる受診手続き場面の通訳練習

■申込み方法 下記の参加申込書に必要事項をご記入の上、FAX・Eメール・来所または郵送のいずれかにより

下記までお申し込み下さい。

■締め切り 平成29年2月1日(水) ※締め切り前でも定員になり次第締め切ります。

※【通訳基礎編】は定員に達したため募集を締め切りました。

◆チラシダウンロード(PDF)

◆申込書ダウンロード(PDF)

◆申込書ダウンロード(Word)

 

お申込み・お問い合わせ

(公財)山口県国際交流協会

〒753-0082

山口市水の上町1-7 水の上庁舎3F(休館日:日曜・月曜・祝日)

TEL:083-925-7353 FAX:083-920-4144

Email:yiea.info@yiea.or.jp

留学生と通訳ボランティアとの観光交流モニターツアー参加者募集(台湾語・韓国語)※英語のボランティアの募集は締め切りました。

2017年1月11日

外国人観光客受入環境整備の一環として、留学生等に県内の観光地を実際に視察してもらい、今後の受入環境充実の一助とするとともに、併せて、通訳ボランティアの資質向上や通訳機会の拡大に向けたモニターツアーを実施します。

 

<開催日>

平成29年(2017年)2月11日(土曜日)、12日(日曜日) 

(留学生、県職員随行は1泊2日。通訳ボランティアは2日間とも山口県国際交流協会で集合・解散の日帰り。)

 

<場 所>

山陽小野田市:花の海(野菜収穫体験とピザ作り体験、イチゴ狩り体験)

美祢市:秋吉台サファリランド(エサやりバス体験等)、 萩市:温泉宿体験(留学生)

 

<主 催>

一般社団法人 山口県観光連盟

山口県国際観光推進協議会(事務局:山口県観光政策課)

公益財団法人 山口県国際交流協会

 

<行程概要>

(1日目)

時刻 場所 内容
9:00 山口大学(吉田) 山大留学生集合
9:20 山口県国際交流協会 通訳ボランティア集合
9:30 山口県立大学 県大留学生集合
10:30~15:30 観光地視察(昼食含む) 花の海、秋吉台サファリランド
16:30 温泉旅館 留学生・県随行員宿泊
17:30 山口県国際交流協会 通訳ボランティア解散

(2日目)

時刻 場所 内容
8:30 山口県国際交流協会 通訳ボランティア集合
9:45 温泉旅館到着  
10:00 セミナー(勉強会) 外国人目線での受入環境の助言、多言語表記の作成
12:30~15:30 観光地視察(昼食含む) 萩市内
16:30 山口県立大学 県大留学生解散
16:40 山口県国際交流協会 通訳ボランティア解散
17:00 山口大学 山大留学生解散

 

参加費用

無料   

 

<申込方法>

参加申込書」に必要事項をご記入の上、FAXまたはEメールで、

(公財)山口県国際交流協会宛にお申し込み下さい。

 

<申込先>

公益財団法人 山口県国際交流協会

FAX:083-920-4144

Email: yiea.info@yiea.or.jp

 

 

<申込期限>

1月27日(金曜日)午後5時まで

 

 

<募集人数>

韓国語、台湾語、各2~3程度(先着順)

 

<お問い合わせ・申込先>

公益財団法人 山口県国際交流協会

〒753-0082

山口市水の上町1-7 水の上庁舎3F

電話:083-925-7353

FAX:083-920-4144

Email: yiea.info@yiea.or.jp(申込用)

 

実施概要参加申込書(ガイド用)

 

また、当協会の通訳サポーターとして登録されていない方は、翻訳通訳サポーター登録申込書を添えてお申し込み下さい。

協会HPの「翻訳・通訳サポーターの募集」のページから、登録申込書がダウンロードできます。

http://www.yiea.or.jp/kenmin/volunteer_honyaku.html

microsoft-word-%e5%ae%9f%e6%96%bd%e6%a6%82%e8%a6%81%ef%bc%88%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%89%e6%a7%98%e5%ae%9b%ef%bc%89-001

microsoft-word-%e5%ae%9f%e6%96%bd%e6%a6%82%e8%a6%81%ef%bc%88%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%89%e6%a7%98%e5%ae%9b%ef%bc%89-002

中国文化講座『中国の悠久の文化に触れよう!~斉魯文化~』が始まりました!

2016年12月27日

中国文化講座『中国の悠久の文化に触れよう!~斉魯文化~』が始まりました!

1217日(土)に外国文化講座『中国の悠久の文化に触れよう!~斉魯文化~』第1回目を実施しました!

本講座は、中国出身の県国際交流員郭映雪さんを講師にお招きして、山東省にゆかりのある斉魯文化について紐解いていく全3回の講座です。

紀元前1000年代から存在した斉と魯の国(諸侯・現在の山東省を中心としたエリア)で発展し、現代まで引き継がれている「斉魯文化」について紹介がありました。そこには悠久の歴史と豊かな自然によって育まれた「一山、一水、一聖人」という言葉があります。一山は、天下で一番の山と言われ中国初のユネスコ世界自然遺産・文化遺産であり、全ての皇帝達も登ったとされる泰山、済南の泉を表す一水、孔子を表す一聖人について説明があり、観光地としても非常に人気のあるようです。特に、孔子の思想や歴史が色濃く残っている文化であることが分かり、逸話なども知ることができました。

また、山東省と山口県は1982年に友好締結を結び、済南市には山口県が寄贈した日本庭園「防長亭」があり、その中に錦帯橋があること、また、山口市の維新公園には山東省が寄贈した「孔子杏壇講学像」があり、孔子が5人の弟子に教えを説く様子が再現されている場所があることなど、山口県との繋がりに驚いている参加者の方もいらっしゃいました。

旅行で役立つ中国語やお土産、工芸品についても理解を深める時間となりました。

 

次回の講座は、2017年1月14日(土)に「斉魯文化と山東博物館」をテーマに、中国での博物館

のあり方や教育普及について、芸術を介した日本との交流などを学びます。

 

%e3%83%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e7%94%a8%e5%86%99%e7%9c%9f

☆山口県国際交流員の楽しいCIRレポートが更新されました(11月号)

2016年12月8日

山口県国際交流協会主催の「外国文化講座」の講師を務めてくださっている県国際交流員(CIR)の出身国の文化等について紹介するレポートです。ぜひご一読ください!

☆CIRレポート11月号☆

◆マリア交流員(スペイン)

「え?スペインでも雪が降るの?? ~情熱の国スペインでも雪の季節が始まりました! マリアおすすめの冬観光スポットをお届けします!~」

◆郭交流員(中国)

「ダブル11の日」

↓↓↓こちらをクリックしてご覧ください。↓↓↓

http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a12900/CIR_Report/top.html

(写真はマリア交流員レポートより)

cir%e3%83%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%8811%e6%9c%88

『多国籍料理講座』(下半期)が始まりました♪

2016年12月6日

12月3日(土)に外国文化講座(下半期)『多国籍料理講座』の第1回目を実施しました!

本講座は、外国にルーツを持つ講師をお招きし、外国の料理を作ることを通して、その国や多様な食文化について理解を深める全3回の講座です。

今回のテーマは、『代表的な家庭料理でありながら観光地でも食べられる本場の料理』です。

 

第1回目は、山口短期大学留学生のグエン・ティ・ツ・ハーさんを講師に、ベトナム風お好み焼きの「バインセオ」と「生春巻き」の作り方を教えて下さいました。

講師は、生春巻きを綺麗に巻く方法、バインセオの焼き方、タレ(ヌクチャム)の作り方など、本場の味を分かりやすく教えて下さり、その手さばきに関心し、また自分達で作ったベトナム料理を食べて笑顔が溢れる皆さんの姿が印象的でした。

 

ハーさんは、この日のために伝統衣装の「アオザイ」を着て来て下さり、とても素敵でした!

ベトナムはお米を主食とし、今回の講座でも生春巻きにライスペーパーやバインセオに米粉を使用したりと、グルテンフリーな食事が楽しめるのも特徴です。

タレに使用したヌクナム(ナンプラー)は「魚醤」といい、魚を発酵させて作られた調味料で、しょっぱい味が特徴的です。醤油や魚に馴染みのある日本人にとっても、親しみやすい調味料なのではないかと思います。

 

参加者の皆さん、講師のハーさんとお手伝いに駆けつけて下さったナムさん、ありがとうございました!

次回は、12月17日(土)「スペイン料理」3品に挑戦します!

%e5%ae%9f%e6%96%bd%e3%83%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%88%e3%83%99%e3%83%88%e3%83%8a%e3%83%a0%ef%bc%89

アメリカ文化講座『DAILY LIFE OF AMERICAN YOUTHS』~アメリカの若者の日常を体験~が最終回迎えました♪

2016年11月30日

11月26日(土)に外国文化講座『DAILY LIFE OF AMERICAN YOUTHS』~アメリカの若者の日常を体験~第4回目(最終回)を実施しました!

本講座は、アメリカ出身の県国際交流員ローラ・リーさんを講師にお招きして、各テーマに沿ってアメリカの若者文化の変遷を辿りながら、“体験”を中心にアメリカの生活や文化について理解を深める全4回の講座です。

【10/1(土) 第1回目】のレポートはこちら

 

【10/15(土) 第2回目】

「Music and Dance」をテーマに、アメリカン音楽の発生と日本に伝わった音楽が紹介されました。アフリカ系アメリカ人が向き合った苦労から生み出されたという時代背景と共に、ブルーズ、ゴスペル、ヒップホップ、ラップのジャンルなどが紹介されました。アメリカのリアルタイムのチャートから、現代の若者の嗜好について知る時間となりました。体験の時間では、世界的に若者のアイコンとなったアメリカの歌手Taylor Swift(テイラー・スウィフト)の曲を歌ったり、ハロウィンも近かったことからMichael Jackson(マイケル・ジャクソン)の「Thriller(スリラー)」をみんなで踊り一体感を味わいました。

 

【11/5(土) 第3回目】

「Comedy」をテーマに、アメリカの社会問題について考えました。政治・LGBT・人種差別・ステレオタイプ・人類の技術の進歩など日本ではあまり取り上げられることのないテーマに切り込んでいくコメディが紹介され、皮肉を笑いに変える場面が多々見られました。大統領選挙の前ということもあり、両候補者を取り上げたコメディも観ました。参加者の皆さんでアメリカの社会問題とそれらを日本に置き換えて議論を展開しました。

 

【11/26(土) 第4回目】

「Daily life of American Youths」をテーマに、アメリカが発祥のSNSが与えた影響について「便利だが依存してしまう」といった賛否両論の議論が参加者の皆さんで繰り広げられました。体験の時間では、アメリカから流行したスマホを使って自分の姿を撮るセルフィー(自撮り)アプリ「Snapchat(スナップチャット)」の体験や、上手に自撮りする方法を学びました。また、アメリカの高校生がマネキンの様に動きを静止させて動画を撮影し世界で大ブームを巻き起こしている「マネキンチャレンジ」、ペットボトルを回転させて立たせる「Water Bottle Flip Challenge」を体験し、大いに盛り上がりました。どれも一般の方が動画を発信したことで世界的なブームを巻き起こしており、SNSの影響力の大きさを実感する時間となりました。

 

参加者からは、「リアルタイムのアメリカの若者の情報が手に入ってよかった」「体験型の内容が多くて楽しく学べたのがよかった」など感想をいただきました。参加された皆さん、新鮮な情報を盛りだくさんに楽しい講座を実施して下さった講師のローラさん、本当にありがとうございました!

%e5%ae%9f%e6%96%bd%e3%83%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%ef%bc%88%e6%9c%80%e7%b5%82%e5%9b%9e%ef%bc%89%e5%86%99%e7%9c%9f

 

タブカフェ(フランス)「フランスのユネスコ世界遺産をめぐって」を実施しました!

2016年11月26日

11月19日(土)に県立美術館の特別展「もうひとつの輝き 最後の印象派」展に併せて、美術館と共催で多文化共生国際カフェ(タブカフェ)フランス「フランスのユネスコ世界遺産をめぐって」を開催し65名の方のご参加がありました。

 

今回の講師は、東亜大学フランス語非常勤講師のドルベ・ファブリス氏です。

 

前半は、ドルベ氏の美しいフランス語と奥様の通訳で、現代のフランス語の状況及びフランスの基本的な情報について、資料や写真を元に詳しく説明をしていただきました。オリンピックの公用語がフランス語である事の成り立ちや、歴史についてもお話ししていただきました。

 

休憩の時間には、フランスのガレット(クッキー)とコーヒー等を用意し、特にガレットは、皆さんに大変好評でした。

 

後半は、ユネスコ本部のお話しから1978年から始まった世界遺産登録のお話。それに併せて、モンサンミッシェルを初めとするフランスの世界遺産についてお話していただきました。熱のこもった詳しい説明で、時間が足りなくなってしまいましたが、ベルエポック期のお話と写真も手短にお話していただきました。

 

今回のタブカフェは、美術館との共催もあって、最後に斉藤副館長より、1900年に行われたパリ万博に出品された日本の西洋絵画を題材にその時代美術界の状況を日本洋画壇の状況と比べながらレオナルド・藤田に至るまでのお話をしていただきました。

 

更に、今回は美術館のご厚意で講演終了後、特別展観覧希望者のために斉藤副館長のギャラリトークと共に特別展を鑑賞していただきました。

また、タブカフェ参加者全員に山口県立美術館限定「最後の印象派展」のハンカチのプレゼントを用意して頂きました。

 

今後もタブカフェは県内各地で開催していきます。

次回のタブカフェは、12月10日(土)光市で「世界のクリスマスはどんな様子?」を開催します。皆様のご参加をお待ちしています!

 

img_7752img_7754img_7761 img_7758