• YIEAのご紹介
  • (公財)山口県国際交流協会からのお知らせ

(公財)山口県国際交流協会からのお知らせ

平成30年度山口県国際交流協会 上半期講座等スケジュール(予定) NEW

2018年5月22日

平成30年度に山口県国際交流協会が主催する講座等のスケジュール(予定)をお知らせいたします。皆様のご参加をお待ちしております。

 

●外国人等相談窓口対応研修会

6月21日(木) @山口県庁

 

●やさしい日本語講座

7月 7日(土)13:00~16:00 @長門市物産観光センター

7月28日(土)13:30~16:30 @山口市白石地域交流センター

 

●日本語ボランティア講座

7月14日(土)13:00~16:00 @長門市物産観光センター

7月21日(土)13:00~16:00 @長門市物産観光センター

 

●山口県青少年代表訪問団派遣(中国山東省)

8月3日(金)~6日(月)3泊4日 @中国山東省

 

●多文化共生フォーラム

8月19日(日)13:30~16:00 @山口県セミナーパーク

 

●災害時外国人サポーター養成講座

9月 8日(土) @山口市

9月29日(土) @下関市

 

●留学生ホームビジット交流(下関市・宇部市・山口市・防府市・周南市)

留学生とホストファミリーの対面式は秋頃を予定

 

●県国際交流員による外国文化講座(下半期)

9月15日(土)、10月6日(土)、11月10日(土)、12月15日(土)、1月19日(土) @山口県国際交流協会

 

●国際交流プログラムin徳地(県内在住の高校生・外国人住民を対象)

10月27日(土)・28日(日)1泊2日 @国立山口徳地青少年自然の家・重源の郷

 

※講座の日程や内容はやむを得ず変更になる場合がございますので、ご了承ください。

各講座の詳細につきましては、随時当協会のホームページ・Twitter・Facebook・メールマガジン等でお知らせします。

 

その他、日本語ボランティアスキルアップ講座、多文化共生国際カフェ(タブカフェ)、外国人住民のための防災教室、外国にルーツを持つ子どもの支援講座、コミュニティ通訳ボランティア講座、外国人住民向けの講座等の開催を予定しております。

外国文化講座「多国籍料理講座」が終了しました♪ NEW

2018年5月18日

5月12日(土)に外国の料理や食文化を学ぶ全3回の「多国籍料理講座」が最終回を迎えました!ネパール、ロシア、イタリアの本場の家庭料理を作りました。

【第1回目 ネパール料理】

ネパール出身で大学生のサポコタ・ナビンさん、元青年海外協力隊員のネパールで活動されていた木花一さんを講師にお招きし、ネパールの生活風景をご紹介いただいた後に、ネパールチキンカレーと漬物のアチャールを教えていただきました。ネパールでは、食事の際に神聖な右手で直に食事をすることが多く、今回作ったカレー、ごはん、漬物のアチャールに加えて、豆スープ、カレー味の野菜をセットにしたダルバートという定食をよく食べるそうです。今回はチャイと一緒にいただきました。多くのスパイスを使用するとても印象的な回でした。

【第2回目 ロシア料理】

山口日露交流クラブ代表の上田エカテリーナさんを講師にお招きし、ロシアの定番料理ともいわれる生のビーツを使ったボルシチとビーフストロガノフを教えていただきました。広大なロシアの気候はとても寒いことから、煮込み料理やスープを食べる習慣があり、特に冬は食材を冷蔵庫に入れず部屋の外で保存しているなど、ロシアの豆知識を教えてくださいました。多様な民族や文化を持ち、同じ料理でも、家庭によってレシピが異なるという興味深いお話がありました。

【第3回目 イタリア料理】

日伊協会YOV’eST山口副理事長の粉川妙さんを講師にお招きし、手打ちパスタのピチ・アッラリオーネとティラミスを教えていただきました。イタリアの主食はパンですが、日本のうどんやそばの感覚でパスタをよく食べ、その種類は全土で300種ともいわれているそうです。また、デザートのティラミスはイタリア語で「元気づける」に由来する程に高カロリーで、美味しいデザートだということが分かりました。ティラミスには欠かせないマスカルポーネやサボイアルディをご用意いただき、本場の味を楽しむことができました。

参加者の皆さんからは、「料理だけでなくその国の情報を知ることができ楽しかった。その国へ興味を持つきっかけにもなりました。」などの感想をいただきました。

講師の方々には、各国の食文化をご紹介いただけたことで、食の多様性について学ぶことができました。それぞれの国の料理の知恵やコツをしっかりとわかりやすく教えていただき、美味しく料理をいただくことができました。

講師の皆さま、そしてご参加いただいた参加者の皆さま、本当にありがとうございました!

下半期では、山口県国際交流員の皆さんによる文化講座を実施する予定です。

平成30年度「外国人等相談窓口対応研修会」を開催します。

2018年5月16日

外国人住民等への窓口応対に関する現状と課題を理解し、各団体での適切な対応につなげることを目的として、各団体窓口業務等担当者向けに、下記のとおり研修会を県内で初めて開催します。

 開催日時

平成30年6月21日(木) 13:30~16:30

2 場  所  

山口県庁4階 共用第4会議室(山口市滝町1-1)

3 主  催 

山口県、(公財)山口県国際交流協会

4 講  師

公益財団法人兵庫県国際交流協会

スペイン語通訳相談員、社会福祉士 村松 紀子 氏

5 内  容

①県、協会の取り組みについて

②講演「外国人住民の相談を適切な支援につなげるために」

・外国人特有の制度(在留資格など)

・日本人に準じる制度

・外国人住民対応にあたって気をつけたいこと

・やさしい日本語と通訳を使うということ

③ワークショップ

6  参加対象

各団体窓口業務等担当者 50名程度

7 申込方法

必要事項(氏名、ふりがな、職名、所属、電話番号、Eメールアドレス)をご記入の上、電話、FAX、Eメール、来所または郵送のいずれかにより当協会までお申し込みください。申込書は下記よりダウンロードできます。

◆チラシダウンロード

◆参加申込書ダウンロード

9 申込締切

平成30年6月12日(火)※締め切り前でも定員になり次第締め切ります。

10  申込先

公益財団法人山口県国際交流協会

〒753-0082 山口市水の上町1-7 水の上庁舎3F

TEL:083-925-7353  FAX:083-920-4144  Email:yiea.info@yiea.or.jp

11 後  援

山口県教育委員会、山口県男女共同参画相談センター、社会福祉法人山口県社会福祉協議会

※山口県国際交流協会では、県内在住外国人からの生活相談に適切に応じるため、県からの受託事業として、中国語・タガログ語(フィリピン)での対応が可能な窓口を協会内に設置するなど、外国人住民が安心して生活できる環境づくりを推進しています。

賛助店追加のお知らせ

2018年5月12日

当協会の賛助会員が特典を受けられる「賛助店」に、新たな顔ぶれが誕生しました!

 

お店  :インドレストラン シャプラ

場所  :山陽小野田市日の出1-1-10

山陽小野田市役所のすぐ近く

電話  :0836-83-2738

営業時間:11:00~15:00、17:00~21:30

定休日 :なし

特典  :ランチタイム→350円までの飲み物1杯サービス

ディナータイム→10%OFF

(お店で賛助会員証をご呈示いただくと、上記の特典が受けられます。)

 

本場のインド料理を味わいに、是非お店に足を運んでみてください!

 

※山口県国際交流協会では、平成30年度の賛助会員を募集中です。

年会費2,000円で、協会主催の講座の受講料無料や賛助店の割引など、様々な特典があります。

その他の特典等詳細は、当協会のホームページをご覧ください。

http://yiea.or.jp/info/sanjyo.html

☆山口県国際交流員の楽しいCIRレポートが更新されました(4月号)

2018年5月11日

山口県国際交流協会主催の「外国文化講座」の講師を務めてくださっている県国際交流員(CIR)の出身国の文化等について紹介するレポートです。ぜひご一読ください!

☆CIRレポート4月号☆

◆ヘマ交流員(スペイン)
「サン・ジョルディの日。カタルーニャ州のバレンタイン?」

↓↓↓こちらをクリックしてご覧ください。↓↓↓
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/…/a12900/CIR_Report/top.html

(写真はヘマ交流員のレポートより)

平成30年度「山口県青少年代表訪問団(中国山東省)」参加者募集!

2018年5月10日

(公財)山口県国際交流協会では、広い視野をもって活躍する国際感覚豊かな青少年を育成し、友好交流を促進することを目的として、中国山東省の青少年との文化交流や体験、史跡の見学、世界各国の青少年が集うロボット大会への出場、ホームステイ(希望者のみ)を行う訪問団の参加者を募集します。下記の要領をご覧のうえ、奮ってご応募ください。

1.期  間  平成30年8月3日(金)~6日(月) 3泊4日

2.訪問先  中華人民共和国山東省・済南市

3.日  程  日程表のとおり

4.募集人員  県内に在学する高校生 7名以内

※募集人数に満たない場合は事業を中止する場合がございます。

5.応募資格

(1)山口県内に在学する高校生(15歳~20歳)

(2)山口県を代表して派遣される訪問団の一員であることを充分理解して行動ができ、心身ともに健康で協調性がある者。

(3)保護者及び学校長の同意が得られること。

(4)世界各国から約300名の参加が見込まれるロボット大会の出場に対し、積極的に交流に取り組むことができること。特に、専門的な知識や技術は必要ありません。事前にロボット操作の練習の時間が設けられます。

(5)事前研修のプログラムに参加できること。

(6)帰国後、期限までに体験レポートを提出すること。体験レポートは、山口県国際交流協会のホームページ、Facebook、Twitterで公開されます。

6.応募方法

各高等学校に配布、または山口県国際交流協会に設置している平成30年度「山口県青少年交流訪問団」参加申込書に必要事項を記入し、5月31日(木)午後5時(必着)までに提出してください。ご希望の場合は、郵送いたします。

◆募集要項(表)

◆募集要項(裏)日程表

参加申込書

7.団員選考及び決定

6月9日(土)に行う面接審査で決定します。応募者には、別途郵送で面接会場と時間をお知らせします。※都合が合わない場合は、別途調整します。

8.費用負担

本人負担は福岡空港までの移動費、航空券代等として60,000円程度を予定しています。(現地の滞在費については、山東省が負担します。)

また、その他のパスポート申請手続き、海外旅行傷害保険などについても個人負担となります。

9.後援

山口県、山口県教育委員会

10.参加申込書提出先・お問い合わせ

〒753-0082 山口市水の上町1-7 水の上庁舎3階

公益財団法人山口県国際交流協会(担当:岡・越口)

TEL:083-925-7353 Email:yiea.info@yiea.or.jp

多文化共生国際カフェ(タブカフェ)インドネシア「ワンダフル!インドネシア」を開催しました!

2018年4月21日

4月14日(土)に新年度最初の講座として、多文化共生国際カフェ(通称:タブカフェ)インドネシア「ワンダフル!インドネシア」を開催し、当日は35名の方にご参加いただきました。講師はインドネシア第二の都市スラバヤのご出身で、山口大学大学院東アジア研究科のチ二ンタ・アプリナさんです。

 

前半は地理・文化・教育制度をテーマにお話しいただきました。インドネシアは大きく西・中央・東の地域に分けられ、17,000以上の島々があり、インドネシア国内だけでも3つの時差があるそうです。インドネシアの文化として、ガムランという打楽器やバティックという布地、無形文化遺産として登録されたサマン・ダンスという踊りなどについてもご紹介いただきました。また、インドネシアの教育問題として、子どもの就学率が日本に比べて低いことや、子どもの喫煙の問題があるというお話もありました。インドネシアではイスラム教徒のための学校と一般の学校があるという点も印象的でした。

 

後半はインドネシアのラマダン(断食)明けのお祭りや、イスラム教の紹介をしていただきました。イスラム教徒の方が食べられない食材(豚・豚由来の製品・アルコール・調味料等)や1日5回の礼拝の仕方について、左手は不浄の手として右手を優先的に使うことや、イスラム教徒の人には犬を近づけない方が良いことなどを教えていただきました。イスラム教徒の方は、日本のスーパーなどで商品を買う時に食品の成分を確認するのが大変なことや、外食がなかなかしにくいという困りごとがあるそうです。

 

最後に、「私が見た日本」というテーマで、日本とインドネシアの共通点(納豆・焼き鳥・焼き飯に似た食べ物があること)やチ二ンタさんの日本の印象(お祭りが多い・四季がある・アニメ・安全な国というイメージ)などについてご紹介いただきました。

 

休憩の時間には、インドネシアのエビのスナックと、インドネシアでよく飲まれるグァバジュースを皆さんに味わっていただきました。エビのスナックはハラル認証のお菓子(イスラム法上で食べられることが許されている食品)をご用意しました。

 

今年度も世界各地の美味しい飲み物やお菓子をご準備して、県内各地でタブカフェを開催していきますので、ぜひご参加ください。

 

国際交流協会の賛助会員(年会費2千円)にご入会いただくと、タブカフェの講座は無料でご参加いただけます。賛助会員の入会については当協会のホームページをご覧いただくか、国際交流協会までお気軽にお問合せください。

 

 

「留学生ホームビジット交流」実施時期変更のお知らせ

2018年4月19日

山口県内の大学に在籍する留学生と交流を深めていただく「留学生ホームビジット交流」のホストファミリー募集は、今年度より、秋募集に変更となりました。

実施時期になりましたら、ホームページ/twitter/Facebook上でお知らせを致します。

 
<お問い合わせ先>
公益財団法人 山口県国際交流協会 (担当:岡崎)
〒753-0082 山口市水の上町1番7号

TEL 083-925-7353
Eメール yiea.info@yiea.or.jp

 

ワイエムセゾン株式会社様からご寄付をいただきました

2018年4月3日

3月16日、ワイエムセゾン株式会社様より、2,483,834円のご寄付をいただきました。

これは、同社が発行するYMセゾンカードの利用額の一部を、全県的な国際交流活動の支援に役立ててほしいと寄付されたものです。(第5回地域貢献寄付)

この寄付金は、本県における国際化の推進の環境づくりや、多文化が共生できる地域づくりの推進、県民の国際交流活動の支援に、大切に活用させていただきます。

心のこもったご寄付をいただき、誠にありがとうございました。

 

2018年3月29日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生活咨询服务2018(汉语・中国語)

2018年3月31日

生活咨询服务(汉语)

山口县国际交流协会现开设生活咨询服务窗口。居住在山口县的外籍居民在日常生活中遇到困难、烦恼或有想了解的事情时,咨询窗口将为您提供必要的信息、建议或联系相关的机构、团体帮助您解决问题。请安心使用本服务。

地点 山口县国际交流协会 邮编及地址:753-0082 山口市水上町1-7 水上厅舍3
时间 每周 星期 下午1:00-4:00
咨询方式 按照咨询时间,到山口县国际交流协会咨询窗口面谈或电话咨询
咨询专用电话 80-7718-3230   ※只能在咨询规定时间范围内使用

※免费、严守秘密、预约优先 ※法律咨询(律师、行政代书)必须预约(原则上只有一次免费机会)