山口県内国際協力情報

【人材募集】国際協力推進員(鳥取県)募集

2012年11月16日

国際協力推進員(鳥取県)募集要項

募集期間:10月1日〜11月28日、選考時期:12月、交代時期:2月

業務内容:
JICAが実施する事業に対する支援、広報及び啓発活動の推進、自治体の国際協力事業との連携促進等の業務を通じ、国民の国際協力事業に対する理解の増進と、国民参加型協力の促進を図る。
具体的には以下のとおり。
(1)鳥取県内の自治体、地域国際化協会と連携した国際協力事業の広報啓発活動の推進
(2)鳥取県内の自治体・地域国際化協会が行う国際協力事業との連携
(3)国際協力出前講座、高校生国際協力体験プログラム等の実施を通じた開発教育(国際理解教育)支援業務の促進
(4)JICAボランティア募集説明会、ボランティアセミナー、個別応募相談等の実施を通じたボランティア事業への市民参加促進
(5)鳥取県内在住の帰国ボランティアの活動支援を通じた国際的視野とボランティア経験の社会還元の推進
(6)鳥取県内でJICAが実施する本邦研修、草の根技術協力等の事業の広報活動の推進
(7)その他JICAから特に委託された事項

業務対象国/勤務地:
公益財団法人 鳥取県国際交流財団(鳥取市湖山町西4-110-5)にデスクを構えての業務とし、必要に応じて、国内・海外出張を行うことがあります。

業務期間:
2013年2月上旬から2013年3月下旬まで
※当初契約期間は2013年2月1日〜2013年3月31日。年度単位の契約で双方合意の上で契約更新が可能。但し、委託契約の合計期間は最長3年まで。

応募条件等

必要な語学力:
英語、フランス語、スペイン語等の日常会話ができるレベルの外国語能力を持つことが必要。

学位:
特になし

必要な技術資格:
(1)青年海外協力隊または日系社会青年ボランティアの経験者、または同等の経験(国際協力、交流に関する実務経験2年以上)があること。
(2)十分なコミュニーケーション能力(渉外力、協調性)、フットワークを備えた方
(3)事務処理能力(文書作成、経理)
(4)業務上必要となる開発教育や参加型ワークショップなどの手法を習得していれば望ましい。
(5)業務上必要となる国際協力及びJICA事業に関する基礎知識を有していれば望ましい。

類似業務経験年数:
特になし

業務内容による年齢の目安:
25歳〜40歳程度

青年海外協力隊経験:
歓迎

その他:
(1)JICAの使命とJICA中国の業務方針に賛同される、心身ともに健康な方。
(2)鳥取県出身者または在住者が望ましいが、他県からの応募も可(但し、契約期間中は鳥取県内に居住することを条件とします)。
(3)欠格事項:次のいずれかに該当する方は応募できません。
ア.成年被後見人、被保佐人又は被補助人
イ.禁固刑以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの者

待遇:
(1)業務委託報酬として月額307,100円(改定される場合があります。)にJICAが認定する交通費見合いを加えた額を支払います。支払は、所得税 法第204条及び第205条に基づき10%の控除をした額を、毎月16日(休日の場合は直前の営業日)に本人口座宛振込により行います。
(2)超過勤務手当、住居手当、扶養手当、期末手当等の諸手当は一切支給されません。
(3)労働保険及び社会保険は、当方では手当てしません。国民健康保険、国民年金、傷害・損害保険等も、国際協力推進員個人の責任にて加入することとなります。
(4)業務にかかった経費は別途JICA規程により支払います。

募集人数:
1人

募集期間:
2012年10月1日〜2012年11月28日

応募方法

応募方法:
以下の書類をJICA中国 市民参加協力課宛にご送付下さい(11月28日(水)必着)。
(1)履歴書(和文、写真貼付)
(2)志望動機書(和文、書式自由、1,000字程度、国際協力推進員として取り組みたいことをまとめたもの)
※履歴書には、連絡先として電話番号、電子メールアドレスも必ず記載して下さい。
※語学力や学位、技術資格等の「応募条件等」に記載のある事項については、ご自身の資格保有状況や経験等をわかるように記述下さい。
※電子メールやFAXなどによる応募は受け付けません。

応募時の注意事項:
選考方法:書類審査及び面接審査
(1)一次選考:提出書類に基づく書類選考(12月4日までに結果をお知らせします。)
(2)二次選考:書類選考合格者を対象に12月10日(月)〜14日(金)のいずれかの日にJICA中国(広島県東広島市鏡山3-3-1)で面接を行います。12月25日までに結果をお知らせします。
※選考結果はメールにてお知らせします。個別の照会には一切お答えできませんので、ご了承ください。また、提出書類は返却いたしません。

問合せ先

担当部課:JICA中国(中国国際センター)
担当者:有田 敏行
電話番号:082-421-6305
FAX番号:082-420-8082
E-mail:cictpp@jica.go.jp
担当者から一言:ご応募の際には、業務内容や応募条件を十分にご確認ください。
※二次選考日程を変更しましたので、ご応募前にご確認ください(再変更:11月9日)

国際協力推進員の概要:http://partner.jica.go.jp/shigoto/job/job_11.html
JICA中国の業務の概要:http://www.jica.go.jp/chugoku/index.html

岩国市国際理解講座「バングラデシュ編」 開催!

2012年4月11日

岩国市国際理解講座「バングラデシュ編」〜この国に来て良かった!〜 を開催します!

日時 4月20日(金)18:30〜21:00
場所 岩国市役所 4階 41会議室

内容
●講演 この国に来て良かった!
元青年海外協力隊員 藤井 陽見さん
バングラデシュに派遣されたときのことを写真や動画を用いて
講演します。

●調理実習 知っていますか?スパイスとカレー
バングラデシュの主食はカレーです。
カレーで使われるスパイスの香りや味覚を実際に味わったり
ブレンドしたりしてみましょう。

●衣装体験 バングラデシュ衣装
バングラデシュの伝統的な衣装となるサリーや
サルワルカミーズを試着してみましょう。

●説明会 国際協力をしたいと思ったら?
青年海外協力隊・シニア海外ボランティアを目指してみたい
という方のためにその手続き方法について分かりやすく説明します。

参加費 無料

詳しくは添付のチラシをご覧ください♪
岩国市国際理解講座チラシ

お問い合わせ先:岩国市市民協働推進課都市交流室
           〒740-8585 岩国市今津町一丁目14-51
           Tel:(0827)29-5017
         メール:kokusai@city.iwakuni.lg.jp

まだ間に合います!【第2回 国際理解教育研修会】教室から世界を知る授業づくり ―「今」 だからできる、国際理解教育―

2012年1月7日

学校で異文化理解の授業を実践されている先生方の授業を体験してみませんか?
体験を通して学ぶ参加型の研修会です!今回はJICA中国教師海外研修でネパールに行かれた先生方の模擬授業を中心に展開します!

日時:1月21日(土曜) 午後1時から5時
会場:広島YMCA(広電「立町」駅下車 徒歩3分)
 

参加費:無料(JICAからの交通費支給等はありません)

申し込み〆切:1月13日(金曜)

問合せ先:JICA中国 市民参加協力課 電話番号:082-421-6305

もしくは

山口県JICAデスク 森 電話番号:083-925-7353 E-mail:jicadpd-desk-yamaguchiken@jica.go.jpまでご連絡ください!

関連ファイル:【第2回 国際理解教育研修会】チラシ http://www.jica.go.jp/chugoku/event/docs/111220_02.pdf

【下関市民ボランティアのつどい】やってみようよ!国際交流 やってみようよ!市民活動

2011年12月7日

♪下関で世界の文化にふれたり、地域の市民活動団体さんの活動を知ることができる【市民ボランティアのつどい】が開催されます♪

JICAデスク・協力隊山口県OB会ブースではいろんな国の民族衣装を試着できたり、
世界で活躍する青年海外協力隊の活動について知ることができるコーナーをご用意しています!
ぜひお立ちよりください♪

会場:しものせき市民活動センター(ふくふくサポート)
    下関市竹崎町4丁目4番2号ヴェルタワー下関2階
日時:2011年12月18日(日)13:00〜16:00
主催:市民ボランティアのつどい実行委員会

♪イベント内容紹介♪

○貿易ゲーム体験〜世界から見た日本って?開発途上国の気持ちは??『貿易』という視点から世界について考えてみよう!

○ものづくりのワークショップ〜アクセサリー作り・ecoバッグ絵付けなど(有料)

○フェアトレード雑貨の販売〜この機会にあなたも“フェアトレード”に参加してみませんか?

○民族衣装の展示&試着〜世界のいろんな国の民族衣装を着て、肌で世界の文化を感じませんか?

他にももりだくさんのイベントがお待ちしています★
イベントチラシも合わせてご覧ください!

 

■お問い合わせ先:市民ボランティアのつどい実行委員会(しものせき市民活動センター内)
             〒750-0025 下関市竹崎町4丁目4番2号ヴェルタワー下関2階
             TEL:083-231-1826 FAX:083-232-1881

○参考 『市民ボランティアのつどい』チラシ表 『市民ボランティアのつどい』チラシ裏

国際理解教育・国際協力パネル展「しっちょる?みちょる?―世界のこと―in岩国市」

2011年9月28日

9月防府市に続き、岩国市にてJICA国際理解教育・国際協力パネル展を開催します!!

日時:10月12日(水曜)から10月21日(金曜)  8:30〜17:15(ただし最終日21日は13:00まで) ※土日閉庁
会場:岩国市役所 1階展示コーナー(岩国市今津町一丁目14番51号)
※JR岩国駅からバスで5分、タクシーで5分

※入場無料および事前申込不要

岩国市役所本庁舎1階の展示コーナーにて、山口県出身の青年海外協力隊を初めとした
JICAボランティアの活動写真パネル、そして世界の水や、食料、教育の課題について
学べる展示物等を展示した『国際理解教育・国際協力パネル展』を開催します!

また、現在世界各地で活動中のJICAボランティア有志により集められた、
東日本大震災で被災された方々への世界からの応援メッセージ、
「世界から元気を届けるメッセージプロジェクト」の写真もあわせて展示します。
世界51か国の人々から届けられた、たくさんの心温まる応援メッセージをぜひご覧ください!

主催:JICA中国 山口県JICAデスク (共催:岩国市、青年海外協力隊山口県OB会 岩国OB会)

 

【21日はJICAボランティア個別相談会も開催!】

パネル展に続き、青年海外協力隊山口県OB会 岩国OB会主催による
青年海外協力隊募集説明会が同じく岩国市役所にて実施されます。

○協力隊活動紹介DVDの上映、JICA概要説明・青年海外協力隊応募・
選考の流れのご案内をさせて頂くほか、岩国市の協力隊経験者を中心に個別相談会も開催されます。
アットホームな雰囲気での相談会ですので、ぜひお気軽にご来場ください!

日時:10月21日(金曜) 18:30〜20:30
会場:岩国市役所本庁 4階 会議室41・42
※入場無料および事前申込不要

 

お問合せ先:
山口県JICAデスク(山口県国際交流協会内) 担当:森 
メール: jicadpd-desk-yamaguchiken@jica.go.jp
電話番号:(083)925-7353
ファックス:(083)920-4144

【募集】平成23年度JICAボランティア秋募集のご案内(山口県)

2011年9月24日

平成23年度秋のJICAボランティア募集が始まります!!

開発途上国の人々と共に生活し、働きながら自分の持っている知識・技術や経験を、その国の発展のために役立ててみませんか?JICAボランティア(青年海外協力隊、日系社会青年ボランティア、シニア海外ボランティア、日系社会シニア・ボランティア)を募集します。

協力隊募集ポスター画像

募集期間:10月1日(土曜)から11月7日(月曜)【消印有効】
★募集期間内に全国各地で「体験談&説明会」が開催されます。
山口県内での「体験談&説明会」情報です♪

10月16日:山口県教育会館 第4研修室 

○14:00〜16:00(青年海外協力隊)
○10:30〜12:30(シニア海外ボランティア)  
                        
10月22日:下関市生涯学習プラザ ドリームシップ 

○16:30〜18:30(青年海外協力隊)
○13:30〜15:30(シニア海外ボランティア)  

10月21日:岩国市役所 4階 41・42会議室
※岩国市協力隊OB会主催
○18:30〜20:30(青年海外協力隊)
予約不要、参加無料、入退室自由です。是非、お近くの会場へお気軽にお越しください!

問合せ先:山口県JICAデスク(森)
       電話番号:083-925-7353(山口県国際交流協会内)
       ファックス:083-920-4144
        E-mail:jicadpd-desk-yamaguchiken@jica.go.jp

第19回 山口県国際理解教育研究大会

2011年8月17日
  • 日時:平成23年8月18日(木)8:50〜16:00
  • 会場:ホテルニュータナカ(山口市湯田温泉)
  • Tel:083-923-1313
  • 参加費:500円

大会テーマ『世界につながり、ともに生きる子どもの育成』

国際化、情報化が急速に進む中、地域に根差し、国際的な視野と地球市民的な意識をもった子どもたちを育てるために、

我々にできることはどのようなことでしょうか。

本大会では、課題の解決に向け、国際理解教育のあり方について実践事例発表や参加型学習を通して考えたり、

本年度より完全実施の小学校外国語活動のあり方について研修を深めたりすることでせまりたいと考えています。

————————————————————————————————————————————————————————————–

国際理解教育が教育現場に求められる理由、そのあり方。そして手法となる参加型学習法の紹介から実践例発表まで、

盛りだくさんの内容の山口県国際理解教育研究大会が今夏も行われます。

現在、学校現場で国際理解教育に携わっておられる教員の方々や、これから教員を目指している方、

また国際理解教育や参加型学習法に関心のある方、ふるってご参加ください!

  プログラム

  • 第1部『国際理解教育について考えよう!』9:10〜11:45
  • 第2部『小学校外国語活動について考えよう』13:00〜15:45

※プログラム内容等大会詳細は下記研究大会要項をご参考ください。

★参考:研究大会要項

関連リンク
山口県国際理解教育研究会サイト

http://www.y-kkk.jp

【まだまだ募集中!】JICA中国・高校生国際協力体験プログラム

2011年5月31日

夏休みと春休みにJICA中国に泊り込み(1泊2日)、世界の問題に対して自分たちに何ができるのか考えます。

 今年のテーマは、「はたらくこと」

 

世界には様々な仕事、はたらき方がある!

「はたらく」というキーワードから開発途上国の現状を知り、

はたらく場を提供するという視点からより良い「支援」のあり方を考えます!

 

 【対  象】中国5県の高校生

【募集人数】各回50名程度(希望者多数の場合は抽選となります)

 【実施時期】夏の陣 7月30日(土)〜31日(日)

        春の陣 2012年3月17日(土)〜18日(日)

【募集期間】夏の陣 4月上旬〜6月30日(木)

        春の陣 4月上旬〜2012年2月10日(金)

【会  場】JICA中国(東広島市)

【費  用】2,000円(2日分食費)、各自の復路交通費

参加生徒の往路交通費、宿泊費、保険料はJICAが負担します。 

 

お問い合わせは…山口県JICAデスクまで

        TEL:083-925-7353 FAX:083-920-4144

        E-mail:jicadpd-desk-yamaguchiken@jica.go.jp

 

   もしくは、JICA中国 市民参加協力課
        TEL:082-421-6310 FAX:082-420-8082 まで

    

【JICA】グローバル教育コンクールが開催されます!

2011年5月31日

界が抱える様々な問題について、それを自分たちの問題として考え、

その解決のために自ら行動に移すことのできる人間を育成することを

目的としたグローバル教育を実践する際に活用できる作品を皆様から募集します。

本コンクールは昨年度まで外務省主催事業でしたが、本年度から当機構が実施します。

世界に触れて感じた貴重な体験・活動を基にした、皆様からの作品応募をお待ちしています!

★★★

応募部門は2部門です。

「写真・映像」部門では、写真や映像を通して現地の人たちの暮らし、表情、そして言葉などと共に、

「自分はこんなことを考えた、悩んだ!」というエピソードを添えて、ご応募ください。

「国際協力レポート」部門では、学校での国際協力や教育への取り組みを始め、

NPOやNGOなどの国内・海外での活動のレポートをお待ちしています。

是非、皆様の貴重な体験を教育の力にお役立て下さい。

 

 【募集期間】平成23年6月6日(月)〜10月24日(月)

【募集締切】平成23年10月24日(月) ※郵送の場合、当日消印有効

【応募部門】「写真・映像」部門、「国際協力レポート」部門

【賞】個人賞・学校賞 ※JICA理事長賞は1週間程度の海外研修旅行

 【応募・問合せ先】

〒150-0012 東京都渋谷区広尾4-2-24 (社)青年海外協力協会内

「グローバル教育コンクール2011」運営事務局

電話番号:03-3406-5274 ※受付時間/月曜日〜金曜日(9:30〜17:30)

Eメール:global-oubo@joca.or.jp

 

※募集内容詳細は、こちらのページをご覧下さい。

http://www.jica.go.jp/hiroba/menu/global_edu/collect/index.html

【JICA】国際協力レポーター募集のお知らせ

2011年5月31日

ODA(政府開発援助)についてどんなイメージをお持ちでしょうか?

ODAの実態がわかりにくいと言われるのは、その事業のほとんどが海外で行なわれているからです。
そこではどんな人達がどんな活動をしているのでしょうか?

実際に国際協力の現場を視察してみませんか?
ご応募お待ちしています!

日本が海外で行なっている国際協力の現場を直接ご自身の目で視察できる
「国際協力レポーター2011」の参加者を募集いたします。

全国から合計20名の方々にレポーターとなっていただき、

国際協力の最前線(ケニアまたはベトナム)を視察していただきます。

※この事業は平成11年度から平成20年度まで外務省が実施してきた「ODA民間モニター」の後継事業で、
参加者による帰国後の対外発信強化を図る観点から、「国際協力レポーター」と改称したものです。

 
【派遣国/ 派遣人数/ 日程】 ※予定

  • ケニア10名事前説明会:平成23年7月30日(土)、31日(日)
    海外派遣:平成23年8月20日(日)〜8月28日(日)
  • ベトナム/10名/ 事前説明会:平成23年7月30日(土)、31日(日)
    海外派遣:平成23年8月21日(日)〜8月28日(日

 ※ベトナム・コースは前日に空港近くのホテルに集合していただく予定です。なお、フライトによっては後泊していただく可能性もあります。

 

【募集期間】平成23年5月30日(月)〜6月20日(月)

【募集締切】平成23年6月20日(月) 必着

【応募資格】

日本に在住し、日本国籍を有する満18歳以上の健康な方(平成23年5月30日現在)

20歳未満の方は保護者より参加の同意が必要となります。

【応募・問合せ先】

〒150-0012 東京都渋谷区広尾4-2-24(社)青年海外協力協会内

国際協力レポーター2011運営事務局

電話番号:03-3406-5274 ※受付時間/月曜日〜金曜日(9:30〜17:30)

ファックス:03-3406-9160  Eメール:jica.reporter@joca.or.jp

 ※募集内容詳細は、こちらのページをご覧下さい。

http://www.jica.go.jp/hiroba/menu/reporter/collect/index.html