(公財)山口県国際交流協会からのお知らせ

タブカフェ「マリアと話してみんかね!情熱と太陽の国スペイン」を実施しました。

2月28日(土)に、多文化共生国際カフェ(略称:タブカフェ)「マリアと話してみんかね!情熱と太陽の国スペイン」を、しものせき市民活動支援センターで実施しました。
今回は、県国際交流員でスペイン出身のマリア・ルビオさんに、スペインのいろいろな魅力についてお話頂きました。

 

スペインの公用語は4つあり、多民族が暮らしているそうです。また、現在スペインに住んでいる人の10人に1人は、外国からやってきた移民だそうです。
また、スペインの長い歴史から生まれた史跡や、多様性に富んだ気候にはぐくまれた自然風景、伝統的な行事等について、日本ではあまり知られていないエピソードを交えて紹介してもらいました。
更に、ヨーロッパの唯一の砂漠がスペインにあること、世界第3位のお金持ちはスペイン人であること等、スペインに関する面白い事実を30紹介してもらい、スペインについてより知ることが出来ました。

 

質問タイムでも、参加者のみなさんから沢山質問していただきました。
終了後のアンケートでは、「マリアさんの話が分かりやすかった」「スペインという国の全体を知ることができた」「スペインの今の様子が分かった」等と感想をいただきました。

 

今回も多くの方々にご参加頂きまして、ありがとうございました。
今年度のタブカフェはこれで終了です。来年度もいろいろな内容を考えていますので、ぜひご参加ください。みなさまのご参加をお待ちしています!

tabuspa